オートタレット

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
Disambig.png この記事はオートタレットに関するものであり、Heavy Auto Turret, Ballista Turret, Catapult Turret, Minigun Turret, Rocket Turret, Tek Turret, or Eerie Turret Logo Mobile.svgと混同しないでください。

オートタレット
Auto Turret.png
使用するには電力が必要。発射するたびに弾丸を消費し、範囲内の敵を自動攻撃する設定も可能
武器
種類 砲座
使用する弾薬 Advanced Rifle Bullet
遠距離攻撃力 77 / 123
発射速度 2.86 RPS
DPS 220.22 / 351.78
建造物
体力 3,000 / 6,000
アイテムスロット 24
アイテム
重量 4.0
使い捨て No
スポーンコマンド
cheat giveitemnum 194 1 0 0
または
cheat GFI Turret 1 0 0
または
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Items/Structures/Misc/PrimalItemStructure_Turret.PrimalItemStructure_Turret'" 1 0 0
製作
必要レベル 68
エングラムポイント(EP) 40
製作経験値(XP) 280
製作時間 5秒
前提条件
製作可能 Fabricator
Tek Replicator
材料
Ingredients (Mobile)
購入 (Mobile)
購入場所 Factory Logo Mobile.svg
コスト Charges × 750 Logo Mobile.svg

オートタレットは完全に自動化されたタレットで、敵の恐竜、プレイヤー、その両方、またはその範囲内のすべて(野生の恐竜を含む)、RPGGrenadeを自動的にターゲットにして発砲できます。 タレットが誘導を必要としないという事実は、トライブがオフラインである間、襲撃から守るための貴重なリソースになります。 このタレットはAdvanced Rifle Ammoを使用しています。オートタレットを実行するにはelectricityが必要です。

Plant Species Xはオートタレットの有機体バージョンであり、同様の値を提供します。

概要[編集 | ソースを編集]

タレットは、プレイヤー、飼いならされた生物、および/または野生の生物を攻撃するようにカスタマイズできます。タレットはカスタム範囲に設定することもできます。 タレットは、ターゲットの見通し線があると仮定して、上と下を射撃することもでき、飛行に対する優れた防御になります。オートタレットは、手榴弾やロケット弾を空から撃つこともでき、襲撃者に対して有用です。

設定[編集 | ソースを編集]

範囲[編集 | ソースを編集]

自動タレットには、次の距離に対応する複数の範囲設定があります:

  • : 20メートル(約6土台)
  • : 53メートル(約14土台)
  • : 81メートル(約21土台) 注:以下のビデオは、約20土台を言及した。

ターゲット[編集 | ソースを編集]

7つのターゲット設定があります。 (これらの設定はすべて、トライブおよび同盟に属するサバイバーおよび飼いならされた生物を無視します。)

  • すべてのターゲット: プレイヤー、飼いならされたクリーチャー、野生のクリーチャー、手榴弾/ RPGを攻撃します。
  • サバイバーと騎乗生物: プレイヤーとプレイヤーがマウントしたクリーチャー、および手榴弾/ RPGを攻撃します。
  • 生存者または飼いならされた生き物のみ: プレイヤー、飼いならされたクリーチャー、手榴弾/ RPGを攻撃します。
  • 生存者と騎乗生物のみ: プレイヤー、飼いならされたクリーチャー、手榴弾/ RPGを攻撃します。
  • 生存者のみ: プレイヤーと手榴弾/ RPGのみを攻撃します
  • ワイルドのみ: 野生の生き物、手榴弾/ RPGを攻撃します。
  • 飼いならされた生き物だけ: 飼いならされた生き物と手榴弾/ RPGを攻撃します。

警報[編集 | ソースを編集]

アラームを設定すると、侵入してきたプレイヤーが銃撃を受ける前にその場を離れる時間が与えられる。アラームのリセットには時間がかかるため、侵入してきたプレイヤーがタレットの範囲内に隠れている場合、アラームが鳴らずにすぐに撃たれてしまう。

  • 4秒警告
  • 2秒警告
  • 警告なし(デフォルト)

注:この警告は発射物の発射を遅らせるものではありません。

ダメージ倍率[編集 | ソースを編集]

  • パッチ231.4以降、タレットはすべての恐竜に対して2.2倍のダメージを与えます。

飛行恐竜用の個別の乗数はなくなりました。

ペイントとカラー領域[編集 | ソースを編集]




X mark.svg

Auto Turretは現在ペイントできませんが、このオブジェクトは将来のアップデートでペイント領域を含むように再マッピングされる可能性があります。

ペイント領域とその使用方法の詳細についてはBlue Coloring.png 染料ペイントブラシペイントスプレーのページをご覧ください。

備考/トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 242.0以降、オートタレットはQuetzal, BrontosaurusMosasaurusPlesiosaurParacerのプラットフォームのサドル上に構築できなくなりました。 そのようなプラットフォーム上の既存のタレットは発砲しなくなります。 これは、"OverrideStructurePlatformPrevention=true"のサーバーオプションです。 それ以外の場合は、いかだと移動しない基地でのみ許可されます。
  • Xboxバージョン783.12の時点では、"Override Structure Platform Prevention/構造物プラットフォーム防止を上書きする"設定では、Xbox上のティタノサウルスのプラットフォームにオートタレットを配置できないようになっています(2019年2月23日テスト)。
  • オートタレットは、Tek RifleまたはTekサドル(例:Rex Tek Saddle)の爆風によって損傷することはありません。 彼らの発射体はより高い射程距離を持ち、スプラッシュダメージを与え、撃ち落とすことができないため、これはゲームバランスのためです。
  • オートタレットはcatapultboulderではダメージを与えられないが、ballistaから発射されたballista boltsで損傷する可能性があります。 ただし、cannonの方がダメージが大きいです。
  • オートタレットは金属製でありながら、石造りの構造物として扱われています。
  • デフォルトでは、Auto TurretHeavy Auto TurretPlant Species Xは、34の土台半径内で100個に制限されています。 この数はサーバー設定で上げることができます。 このチェックはタレットごとに行われるため、タレット同士の距離に応じて異なる数値が表示されます。 制限を超えると、影響を受けるタレットは数が減少するまで発砲しません。
  • ARK: Survival Evolved Mobileでは、Auto TurretEerie TurretPlant Species Xの制限は、16の土台半径内で10個に制限されています。

ビデオチュートリアル[編集 | ソースを編集]

オートタレットのチュートリアル