ARK: Survival Evolved Wiki
Advertisement








































デイノニクス
Dossier Deinonychus.pngDossier Empty.pngDossier Deinonychus.png
Dossier Empty.pngDossier Deinonychus.png
グループ
食性
Steam.svg 297.14
6月 18, 2019
Xbox One.svg 789.9
7月 19, 2019
PS.svg 537.01
7月 19, 2019
Logo Mobile.svg
利用できない
Nintendo Switch.svg
利用できない
Epic Games.svg 311.74
6月 11, 2020
スポーンコマンド
admincheat summon Deinonychus_Character_BP_C
or
admincheat SpawnDino "Blueprint'/Game/PrimalEarth/Dinos/Raptor/Uberraptor/Deinonychus_Character_BP.Deinonychus_Character_BP'" 500 0 0 35
X mark.svg できない1
Check mark.svg できる
Check mark.svg できる

1 成体は手なずけることができませんが、野生の卵は孵化させることができます。

データ
倒した時の経験値
12 XP
ドロップ
特別な戦利品の確率
30%
85
孵化温度
80 - 90 °C / 176 - 194 °F
孵化時間
4時間 59分 58.561秒
幼年期
3時間 42分 13.333秒
少年期
14時間 48分 53.331秒
青年期
18時間 31分 6.664秒
合計成熟時間
1日 13時間 2分 13.328秒
繁殖間隔
18時間 - 2日
生息地

Common             Rare
  テイム不可   洞窟

デイノニクス ([1]) は ARK: Survival Evolved における Valguero DLC生物の1つです。

基本情報[]

調査書[]

このセクションは、サバイバーであるヘレナ・ウォーカーが書いた調査書を、正確にコピーすることを目的としています。この文章とゲーム内の生物との間には若干の食い違いがあるかもしれません。

NoteHelena.png

Deinonychus magna pede

生息年代

Cretaceous

食性

Carnivore

気性

Aggressive

野生

(機械翻訳)デイノニクスの鉤爪の音が聞こえてきてからでは、手遅れになってしまうことが多い。優れたハンターは、隠れている場所から飛び出してて獲物を捕らえる。デイノニクスは機敏なクライマーでもあり、壁の岩棚から壁の岩棚へとジャンプして、高い見晴らしの良い場所を探して待ち伏せをする。 飢えたデイノニクスは恐れを知らない傾向があり、自分よりもはるかに大きな獲物を狩る。鎌状の爪で恐竜の背中にしがみつき、被害者が死ぬ前に餌を食べ始めます。新鮮な肉を好むが、他に食料がない場合は死骸を漁ることもあるようだ。

飼い方

(機械翻訳)デイノニクスを飼育するには、その高い活動レベルに見合うだけの速い新陳代謝のために、十分な食料の供給が必要です。また、卵のある巣の近くでは、自分の卵でなくても猛烈な縄張り意識を持つ。これにより、卵のある巣の近くでは、自分の卵でなくても縄張り意識が強く、次世代の繁殖には危険が伴う。 野生のデイノニクスは狩猟本能が強く、主人になろうとする者に反射的に襲いかかるので卵から育てないと飼いならすことができない。

行動[]

デイノニクスは、野生では激しい縄張り意識を持っています。自分の巣を守るために、侵入者がいないか確認します。

外見[]

デイノニクスは、近縁種であるRaptorと似た外観をしていますが、羽毛はRock Drakeと似ています。デイノニクスは、カミソリのように鋭い爪を持ち、登ったり攻撃したりすることができます。

配色と地域[]




Region 5は、ゲーム内ではほとんどの角度から見えませんが、その写真はより見やすく調整されています。

 

このセクションでは、デイノニクスの自然な色と領域が表示されます。デモンストレーションのために、以下の領域はアルビノのデイノニクスの上に赤色で表示されています。各領域の説明の下に表示される色付きの四角形は、自然な配色の全体的な範囲を提供するためにデイノニクスがランダムに生成する色です。色の上にカーソルを置くと、その色の名前とIDが表示されます。

この情報を使用して、チートコンソールにcheat SetTargetDinoColor <ColorRegion> <ColorID>と入力することにより、デイノニクスのRegionを変更できます。たとえば、cheat SetTargetDinoColor 0 6はデイノニクスの"base color"がmagenta色になります。

Deinonychus PaintRegion0.png
Region 0:
Base Color
Deinonychus PaintRegion1.png
Region 1:
Feathers Accents
X mark.svg

Region 2はこの生物には
使用されません。

Deinonychus PaintRegion3.png
Region 3:
Feathers Main
Deinonychus PaintRegion4.png
Region 4:
Stripes
Deinonychus PaintRegion5.png
Region 5:
Highlights

ドロップ[]

基本ステータスと成長[]

能力値 基準値 レベルアップ テイムボーナス
野性生物 テイム生物 Additive Multiplicative
体力 200 +40 +5.4% 0.07
スタミナ 150 +15 +10%
酸素量 150 +15 +10%
食料 1200 +120 +10%
重量 140 +2.8 +4%
近接攻撃力 30 / 30 +1.5 / +1.5 +1.7% 7% 17.6%
移動速度 100% N/A +1.5% 20%
気絶値 180 +10.8 該当なし 0.5
移動 基本速度 全力疾走の速度 スタミナ
野生生物 テイム生物 野生生物 テイム生物
歩行 480 ? 1296 1440 6
水泳 300 ? ? ? ?
  • これらは、100%の移動速度での生物の基本速度です。
  • すべての生物の速度の比較については、生物の基本速度をご覧ください。
攻撃値
Melee スタミナ消費量 攻撃範囲 説明
基本 最小 Activation Using the Left Mousebutton (PC), R2 Button (PS), RT Button (Xbox One), the Deinonychus bites and claws at the target.
0 350 0 0
攻撃タイプ ダメージ 発射物の値 気絶値の数値 状態効果: スタミナ 状態効果: 気絶値
寿命 Impulse 半径 基本 Mult 持続時間 Damage Mult 持続時間 Damage Mult
Melee 30
Pounce スタミナ消費量 攻撃範囲 説明
基本 最小 Activation Using the Right Mousebutton (PC), L2 Button (PS), LT Button (Xbox One), the Deinonychus pounces on its target.
5 300 0 0
攻撃タイプ ダメージ 発射物の値 気絶値の数値 状態効果: スタミナ 状態効果: 気絶値
寿命 Impulse 半径 基本 Mult 持続時間 Damage Mult 持続時間 Damage Mult
Melee 30
咆哮 スタミナ消費量 攻撃範囲 説明
基本 最小 Activation Using C (PC), R3 Button (PS), R Button (Xbox One), the Deinonychus bites and claws at the target. This attack type is not usable.
0 0 0 0
Melee_Pounce スタミナ消費量 攻撃範囲 説明
基本 最小 Activation Using the Left Mousebutton (PC), R2 Button (PS), RT Button (Xbox One), the Deinonychus bites the target when it has pinned creature with the pounce attack.
0 1200 0 0
攻撃タイプ ダメージ 発射物の値 気絶値の数値 状態効果: スタミナ 状態効果: 気絶値
寿命 Impulse 半径 基本 Mult 持続時間 Damage Mult 持続時間 Damage Mult
Melee 30

野生生物のステータスのレベルアップ計算機

野生生物の値を入力すると、どのステータスが目立っているかがわかります。高レベルの生物の値が緑色であれば、繁殖には非常に適しています。すでに生物をテイムしている場合は、外部ツールを使って繁殖用のステータスを取り戻すことができます。[1]

デイノニクス

stat-calculatorはモバイルビューでは機能しません。代替方法についてはこちらをご覧ください: Apps

生物がテイムされた後は、テイム効果に応じていくつかのステータスにボーナスを得ることに注意してください。このため、テイムされた生物のレベルを取得することは困難です。したがって、このツールは野生生物のみを対象としていますが、ステータスがどのように配分されているかという第一印象を与えることができます。

戦闘[]

このセクションでは、デイノニクスと戦う方法について説明します。

全般[]

戦略[]

デイノニクスを倒すには、CrossbowRifleなどの遠距離武器を使うのが一番です。ワイバーンやスピノなどの強力なアタッカーを連れて行ったり、飛行生物でデイノニクスを崖から誘い出したりします。遠距離武器を持っていない場合、デイノニクスがあなたの騎乗生物につかまった場合、デイノニクスの体力は比較的低いので、ただ叩きのめすだけです。

卵を盗むのであれば、デイノニクスの群れがいる可能性が高いので、良い騎乗生物を用意する必要があります。安全のために飛行生物を使うことをお勧めします。卵を盗んだ後、素早く逃げるようにしてください。なぜなら、デイノニクスは騎乗者に襲いかかることができ、残りの群れが到着するまでの時間を稼ぐことができるからです。

デイノニクスは、群れの大きさに応じた割合ダメージの出血効果を与えることができるため、体力の高いテイム生物は瞬時に数千の体力を失うことがあります。登る能力もありますが、ThylacoleoRock Drakeには及びません。

武器[]

危険[]

RexBrontosaurusなどの大型生物に取り付くことができ、通常の手段では攻撃が困難です。さらに危険なのは、Rock Drakeのように上方に滑空して近くの岩棚につかまり、Raptorのように飛びかかって攻撃することができることです(ただし、騎乗解除させることはできません)。また、出血効果があり、それがスタックすることでさらに危険な存在となります。また、2匹以上のグループで行動していることが多く、殺すのも逃げるのも非常に困難です。

弱点[]

大型生物に取り付いている間は、解放されるまでほとんどの場合その生物しか攻撃できず、他の生物や遠距離武器からの攻撃には非常に弱いです。

デイノニクスは、Raptorのようにノックバックに弱いです。体力がそこそこあるTrikeを使えば、一度に1~2の群れを簡単に仕留めることができます。取り付いている間は、騎乗している人からの攻撃を受けることがあります。

テイム[]

WyvernRock DrakeMagmasaurと同様に、野生のデイノニクスはテイムすることができませんが、デイノニクスの受精卵をから盗み出して孵化させ、テイムしたデイノニクスを手に入れることができます。ワイバーン、ロックドレイク、マグマサウルスと同様に、これらの獣脚類は卵を盗むと非常に攻撃的な反応を示すため、一般的なプレイヤーは慎重に行動する必要があります。しかし、ワイバーンやロックドレイク、マグマサウルスとは異なり、デイノニクスはティラノサウルススピノサウルスなどの大型捕食者に対して最初は攻撃的ではなく、卵を盗むまではこれらのテイムした生物を巣に直接近づけても争いにならないため、卵を盗むのに最適な選択肢となります。デイノニクスの巣は、恐竜がスポーンするほぼすべての場所で見つけることができますが、おそらく最も確実に卵を見つけて周回することができるのは、White CliffsThe Paradiseであり、これはThe Lake地域に近い、崖の平坦な平地地域に位置しています。卵を手に入れた後の孵化温度は、80~90°C(176~194°F)で、様々なたき火(例えば14個のたき火)やエアコンディメトロドンなどを使って温度を上げることができます。ワイバーン、ロックドレイク、マグマサウルスとは異なり、孵化した子犬は特別な餌を必要とせず、卵から出してすぐに標準的な肉食の食事を与えることができます。最後に、ワイバーンやマグマサウルスと同様に、テイムされた個体から歴代の個体を繁殖させることができ、より高いステータスの変異を得ることができます。

卵を盗む[]

The White CliffsThe Paradise周辺には巣があり、テイム生物がいればを盗むのはそれほど難しくありません:

  • Lymantriaがお勧めです。飛行能力があり、毒を持っているので簡単に逃げることができます。テイムするのは簡単で、The Paradiseのあちこちにあるの近くに生息しています。サドルのレベルも35と低めに設定されています。
  • 高レベルのPteranodonは飛行能力があるのでお勧めです。卵を奪って簡単に飛び去ることができますし、群れを崖から誘い出すこともできます。
  • 足の速いSabertoothもいいでしょう。簡単にテイムすることができ、チョークヒルからそれほど遠くない場所に生息しています。
  • Humanであるあなたも、この仕事をすることができます。巣の近くに寝袋Bedを置き、卵を盗んで逃げてください。もし死んでしまったら、ベッドのところでリスポーンして、卵と一緒に自分のものを取り戻します。AllosaurusRaptorに注意してください。

実用性[]

操作方法[]

デイノニクスは、戦闘時はもちろん、マップ上での移動時にも有利になるような、変わった、しかし便利な能力を持った万能テイム生物です。ARKの他のテイム生物と異なる点は、デイノニクスの能力のすべてがすぐにわかるわけではないため、操作に慣れ、その能力を完全に使いこなすためには、ある程度の練習が必要となります(ただし、ブラッドストーカーほどではありませんが、他のテイム生物に比べてスキルの上限が比較的高くなっています)。

群れの叫び: ARKの多くの生物に共通する最もシンプルな能力の1つであり、プレイヤーがデイノニクスに乗る前によく知っている能力が叫びの能力です。このアビリティを使用するには「アルファ」のデイノニクスが必要であり(グループ内で最もレベルの高いデイノニクスがアルファとなり、頭の周りがオレンジ色に光っているのが目印です)、自分自身と、叫びに参加した最大4匹の他の群れのメンバーが使用すると、一時的にスピードとダメージにバフをかけることができます。また、アルファのデイノニクスは、結合している群れのメンバーがレンダリング距離外にいても、叫びを使用することができます。この能力を発動させるには、しゃがみボタン(初期設定ではCRight StickRight Stick)を押します。

チャージジャンプ: デイノニクスは、多くのテイム生物でおなじみの標準的な走りとジャンプの操作に加え、ジャンプに「チャージ」がある数少ないテイム生物のひとつです。地上では、ジャンプボタン(初期設定ではSpaceACross)を押したままにしてから離すと、「滑空」が発生し、ボタンを押したときよりも長く空中にいることができます。走り出した時には、この能力によって非常に大きな差をつけることができます。さらに、ジャンプボタンを押している間は、ジャンプのチャージが完了したことを知らせるために、しゃがみ始めるという特別なアニメーションも用意されています。ジャンプが失敗しても、デイノニクスには「落下ダメージに対する耐性」があるので、ほとんど心配する必要はありません。

クライミング: デイノニクスが他のテイム生物と大きく異なるのは、その独特のクライミング方法です(フェロクスで後に模倣したが、完全には真似できなかった)。デイノニクスは、ジャンプして空中にいるときに爪で登れる面(木のような収穫可能なノードを含む、垂直なものなら何でも)につかまることができ(自動的につかまる)、範囲内の登れる面に向けて自分自身を正確に発射することもできます。ティラコレオメガラニアのような他のクライム生物とは異なり、デイノニクスは移動ボタンではなく、ジャンプボタン(初期設定ではSpaceACross)を押することで、カメラが向いている方向に向かってデイノニクスが飛び乗ぼり、いわばクライムピッケルの生きたバージョンのような機能します(ただし、クライムピッケルのように逆さまに登ることはできず、垂直な面でのみ登ることができます)。ジャンプボタンを押す速度が速いほど、デイノニクスは早く登っていきます。登っている間、デイノニクスはロックドレイクの発射能力を不器用にしたように、登れる面と面の間の広い距離を跳ぶこともできます。これは、地上でのチャージジャンプと同じように、ジャンプボタンを押したままにしてから離すとことで可能になります。ただし、カメラが登れる面を狙っていないと、チャージジャンプは失敗し、通常のよじ登りになってしまいます。地面に張り付いている間、デイノニクスを切り離して地上に戻りたいときは、しゃがみボタン(初期設定ではCRight StickRight Stick)を押すだけで、登っていたものから解放されます。

特別な攻撃: 最後に、デイノニクスは登るのとほぼ同じ方法で、ジャンプボタンを使ってより大きなターゲットにしがみつくことができます(しがみつくことができる相手には、赤い牙のアイコンが表示され、しがみつくことができることを知らせてくれます)。一度しがみつくと、デイノニクスは特別な攻撃を行うことができ、しがみついた生物を噛みつくことができます(初期設定ではLeftRTR2)。この噛みつき攻撃は、メイン攻撃と同様に、対象に出血のステータス効果を与えます。しかし、この攻撃には注意が必要で、しがみつかれた相手のほとんどが、反撃してデイノニクスを攻撃することができます。しがみついた相手を離すには、ジャンプボタンを押す必要があります。小柄な相手であれば、ユタラプトルと同じように、ターゲットが範囲内にあるときにサブ攻撃(初期設定ではRightLTL2)を押すことで、相手を固定することができます。

デイノニクスは以下の生物にしがみつくことができます:

以下の生物はデイノニクスによって押さえつけられる可能性があります:

役割[]

  • 戦闘のスペシャリスト: レックスやスピノなどの巨大な戦闘生物と比較するとデイノニクスは小さいかもしれませんが、外見に惑わされることはありません。その大きさにもかかわらず、デイノニクスは最も優秀な戦闘生物の1つであり、状況によっては大型のライバルに匹敵し、さらに凌駕することもできます!単体でも群れでも、デイノニクスが有利なのは貧弱な体力や平均的な基本ダメージ量ではなく、実は Bleeding! というステータス効果を持っているからです。このステータスは7秒間に渡って相手のヘルスを 0.3% 削り、アーマー(生来の抵抗力ではない)を回避する効果があります。この効果は最大5回まで重複することができ、他生物の Bleed と併用することでブリードダメージを増加させることができます。デイノニクス1匹が執拗な攻撃を行っていれば、単独で5スタックのブリードを適用することができますが、最大の効果を得るためには、群れの仲間を連れて行くべきです。この役割を果たすためには、すべてのデイノニクスに Melee DamageHealth を与え、騎乗予定のデイノニクスには StaminaWeight を与える必要があります。
    • パックファイター: 3〜5匹のデイノニクスで構成された群れは、単純な狩りや移動、激しい戦闘など、様々な場面でメリットがあります。最高レベルのデイノニクスはアルファに任命され、ダメージに一定のボーナスが与えられるほか、発声能力によって周囲の味方のデイノニクス(最大4匹)に45秒間のパックバフを与え、パックメンバー全員の移動速度、ダメージ、耐性を向上させることができます。注意点としては、騎乗していないデイノニクスは、たとえ群れのリーダーについていったとしても、壁を登ることはできません。つまり、困難な地形を移動する場合には、騎乗しない仲間は拠点に置いておいた方が良いかもしれません。
      • スレイヤーコンパニオン: デイノニクスは、出血ダメージを与える他の生物( ThylacoleoCarnotaurus など)とペアを組むことができ、それらの出血が一緒に作用します。
      • アルファスレイヤー: 単なる害虫として駆除するためであれ、大量の Raw Prime Meat を得るために殺すためであれ、関連する Trophies を集めるためであれ、 Chibi-Pets をレベルアップさせるためであれ、デイノニクスは Alpha Creatures を殺すことを公園の散歩のようにしてくれます。・・・アルファレックス以上は避けてください。
      • デスワームスレイヤー: デイノニクスは特に必要とされている役割ではありませんが、危険な Deathworms 、特にアルファワームを退治する作業を容易にしてくれます。デスワーム自体はギガノトサウルスやティタノサウルスほど危険ではなく、ロックエレメンタルのようなアーマーも持っていませんが、高いヘルスを持ち、かなりのダメージを与えます。通常のワームであれば、サドルと装甲を備えたデイノニクスの小隊で十分ですが、アルファワームの場合は、より大きな隊、または他の大型クラスの捕食者と一緒に小隊を使用するのが良いでしょう。この役割にはユウティラヌスとサポートはオプションで、デスワーム1匹の戦いには必須ではありませんが、複数のワークを狩る場合には非常に重要な役割を果たします。ただし、この役割はデイノニクスの能力が高いとはいえ、最適な選択ではないことを覚えておいてください。平均的なデイノニクスはヘルスと重量が低いため、戦いにはコストがかかり、ワームが落とす重い戦利品を運ぶのにも苦労します。この役割には、もしあなたが自由に使えるものがあれば、 Lightning Wyvern の方がはるかに良い選択です。ワイバーンは翼の攻撃でワームを近接攻撃の範囲外に追いやり、ダメージの大きい稲妻を浴びせ、戦利品を運ぶことができます。
      • ボススレイヤー: 対象にブリード効果を与えるテイム可能な生物の中でも、デイノニクスは唯一、ブリード効果が Bosses に効く生物です。5匹のデイノニクスを1パックにして、ユウティラヌスのようなボス戦に役立つ大型生物の恐竜と一緒に使えば、最小限のリソースと労力でチーズを作ることができます。間違いなく、デイノニクスはこの役割を果たすためのマストアイテムであり、 Element のファーミングや Tek Engrams の収集を簡単にしてくれます。
    • PvP Specialist: 大きなターゲットにはしがみつき、小さなターゲットは動けなくし、連続した出血ダメージを与えることができるデイノニクスは、嫌がらせのために生まれました。スピード、急角度な回転半径、騎乗者の武器、クライミング能力を備えたデイノニクスは、軽い小競り合い、略奪者、偵察として理想的な選択肢です。しかし、その脆さゆえにガラスの大砲のような存在であり、より強力な相手にはすぐに引き裂かれてしまいます。Aberrationではスポーンしませんが、飛行生物が(ほとんど)無効になっており、クライミングが好まれるため、デイノニクスは転送できるので、Aberrationマップでは優れた性能を発揮します。
  • Travel Mount: スピード、スタミナ、ジャンプ力、クライミング能力、そして落下ダメージへの耐性を備えたデイノニクスは、便利で楽しい移動手段となります。熟練した騎乗者に導かれれば、陸地のルートを極めて効率的に移動することができますが、デイノニクスは水の扱いが非常に下手で、泳ぐスピードもかなり遅いです。
  • Cave Delver: 戦闘能力と移動能力の両方を考慮すると、デイノニクスはほとんどのアーティファクト洞窟に取り組むための有力な候補となります。ただし、水を横断する必要のある洞窟は、登ることで泳ぐ必要がある部分をクリアできない限り、デイノニクスよりも泳ぎが得意な生物に任せるのが最善です。一方、マグマがある洞窟では、デイノニクスのジャンプや登り方を間違えると、非常に不幸な死を招く可能性があるので、ジャンプ力に余裕のある生物に任せるのが良いでしょう。
  • Kibble Farmer: テイムされた雌のデイノニクスは他のテイムのように無精卵を産まないが、野生のデイノニクスは巣穴に大量の卵を産む。 Special Egg に分類されるデイノニクスの卵は、大量に集めることができ、ゲーム内で最も優れたテイミングフードである Extraordinary Kibble を簡単に大量生産する手段となる。テイムされたデイノニクスが卵生産に使えないというわけではありません。デイノニクスの卵は腐るまでに数日かかるため、ストックしておくのに便利です。

収集品[]

資源 効率
Raw Meat.png Raw Meat ★★★★☆

スポットライト[]

備考/トリビア[]

現実世界のデイノニクスに関する情報については、関連するウィキペディアの記事を参照してください。

  • この生物の調査書の最初の紹介の際に、デイノニクスがブリーディング可能であることがこの文章によって示唆されました(This makes breeding successive generations a hazardous process)。
    • これは最終的にCommunity Crunch 186[2]で証明され、デイノニクスはRock DrakeReaperとは異なり、初のブリーディング可能な巣から盗む事でのみテイム可能な生物となったが、MagmasaurCrystal WyvernWyvern(TLC 3でブリーディング可能になりました)がそれに続きました。
  • Deinonychus magna pedeは大まかに訳すと「偉大な足の恐ろしい爪」となる。
  • デイノニクスは落下ダメージを受けません。詳細については、落下ダメージを参照してください。
  • 地面にいるときにジャンプを押し続けると、デイノニクスはしゃがみ始めます。押す時間が長ければ長いほど、より強力なジャンプになります。ReaperKarkinosProcoptodonのようにチャージ式のジャンプを持つ他の生物とは異なり、ジャンプに狙いをつけることはできず、ジャンプを押し続けても、デイノニクスの実行は停止しません。
  • 一般的に言われていることとは異なり、デイノニクスはオリジナルの生物であり、Mod ARK Additionsから生まれたものではないことがZen Rowe氏によって確認されています。[3]
  • Jerboaとデイノニクスは、アイドル状態の時に2つ以上のアニメーションを持つ唯一の生物です。
  • Rock DrakeWyvernと異なり、デイノニクスはレベルが30増加してスポーンすることはありません(公式では150が最大レベルです)。
  • 巣の中でデイノニクスの赤ちゃんが孵化することがあり、その場合は誰でも所有権を獲得することができますが、近くにいる野生のデイノニクスは所有権を獲得した赤ちゃんを標的として扱うので注意が必要です。このような場合に備えて、Cryopodを携帯しておくとよいでしょう。これはValgueroのリリース後、いくつかのパッチで修正されましたが、孵化温度は非常に高くする必要があり、野生での孵化は発生しなくなります。
    • 時々、アクティブになったとき、赤ちゃんデイノニクスはサバイバーを挟み込んで逃げてしまうことがあります。
  • Rock Drake、デイノニクス、Ice Titanの3種の生物は、調査書やホログラムとは異なるアイコンを持っています。
  • デイノニクス、Griffin、トロペオグナトゥスは、調査書を入手できなかった唯一の生物です。
  • デイノニクスは、ARK: Survival Evolvedで初めて亜種に分類された生物です。
  • 出血のダメージは近接攻撃力の600%が上限で、サドルによって軽減されます。
  • Allosaurusとは異なり、その出血はターゲットを遅くすることはできません。
  • デイノニクスは、テイムすることができないものの、他の方法でサバイバーが手に入れることができる5種のうちの1種で、他はWyvernRock DrakeReaperMagmasaurです。
  • 卵を盗まれると、デイノニクスは怒って、卵を取り戻すためにプレイヤーを殺そうとします。
  • 新しいプレイヤーがデイノニクスに遭遇した場合、プレイヤーと遭遇した生物の反応は2通りあります。まず、デイノニクスが最初にすることは、プレイヤーへの攻撃です。プレイヤーが逃げたり、攻撃をしなければ、デイノニクスは攻撃しません(群れの場合は不明)。もしプレイヤーが積極的に反応し、デイノニクスに対抗できると考えた場合、レベルや群れボーナスがあっても、デイノニクスの方がスピードや知能が高いため、確実に殺すことができます。ですから、野生のデイノニクスを相手にしなければならない中堅プレイヤーや終盤プレイヤーは、デイノニクスを相手にできるだけの道具や知能、テイムを用意しておけばいいのですが、デイノニクスが飛びかかることができる生物は使わないようにしましょう。
  • なお、デイノニクスはチートコマンドのforce tame(チートコンソールにforcetameと入力)でテイム可能です。

バグ[]

  • まれに、しがみつく事が可能な恐竜にしがみつけなかったり、小さい恐竜に飛び乗ったり、呼んだり、跳んだり、完全にジャンプできなくなるバグがあります。現在のところ修正方法はありません。
  • Primitive Plusでは時々スポーンの問題が発生します。
  • 何らかの理由でユタラプトルの卵を落とすことがあります。
  • 木や石などの資源にしがみつくことができますが、しがみついた資源を破壊すると、しがみついたまま何もしなくなります。
  • Yutyrannusの勇気の咆哮はデイノニクスに効果を与えることができますが、その効果は表示されないので、乗ってみないと効果が有効になっているかわかりません。

変更履歴[]

Patch 変更点
297.14 Valguero拡張リリース デイノニクスがゲームに追加されました。
297.35
  • Deinonychus Eggが孵化する温度を上昇させました。
  • デイノニクスのAIが壁にとまった状態で降りると逆さまに着地するケースを修正しました。
  • 壁にとまっている状態でジャンプすると、デイノニクスが後方に回転するケースが複数あったのを修正しました。
  • デイノニクスの悪用を修正しました。
  • 壁を跳ね上げるときの岩棚の検出が改善されました。
  • デイノニクスの出血がBossesに効くようになりました。
  • デイノニクスの一人称視点を改善しました。
  • ラグのあるシナリオでの壁の跳び上がりを改善しました。
297.64
  • デイノニクスの出血はMelee Damageに比例するようになりました。
  • デイノニクスの出血ダメージが常にスケーリングされていなかった問題を修正しました。
  • 赤ちゃんに付着できなくなりました。
307.2 エングラムリストにDeinonychus Saddleを追加しました。
313.10 デイノニクスの悪用を修正しました。
321.1 デイノニクスの騎乗者は、Plant Species Z Fruitによって閃光されたときに正しく降ろされるようになりました。
324.24
  • デイノニクスの騎乗者は、生物にしがみついているときに武器を使えなくなりました。
  • デイノニクスは、Karkinosで拾うことができなくなりました。

ギャラリー[]

参照資料[]

Advertisement