ARK: Survival Evolved Wiki
バイオトキシン
Bio Toxin.png
生物から採取された強力な毒素。
種類
Resource
レア度
Common
再生可能
No
精製可能
No
可燃性
No
消耗品 (数値は人間に適します)
体力
-30
気絶値
80
重量
0.1
スタック数
100 / 500
腐敗時間
45分
追加バージョン
v253.0
Spawn Command
cheat giveitemnum JellyVenom 1 0 0
or
cheat gfi JellyVenom 1 0 0
or
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Items/Consumables/PrimalItemConsumable_JellyVenom.PrimalItemConsumable_JellyVenom'" 1 0 0

バイオトキシンARK: Survival Evolvedのリソースです。Cnidariaおよび胞子を誘発するキノコAberrationのみ)から採取できます。

使用方法[]

レベル96になると、バイオトキシンは通常の麻酔弾の2倍の威力を持つShocking Tranquilizer DartToxicant Arrows(Mobileのみ)を製作するために使用することができます。

Narcoberries/麻酔薬sの代わりに無意識の生き物に強制給餌することもできます。 80の気絶値を16秒間かけて適用します。これにより、腐敗時間が短いことを除いて、あらゆる状況でアイテムあたりの効果が大幅に向上します。

Electrophorusを受動的テイムするためにも使用できます。

採集[]

Bio Toxin
生物 / 道具行動ごとの獲得
Iguanodon★★★★★
20x20pxチェーンソー Scorched Earth Icon.png★★★★★

備考[]

  • プレイヤーが食べた場合、麻酔薬の効果に加えて体力にもダメージを与える。
  • Beelzebufoと一緒に少量ずつ収穫してゲーム序盤の使い道ができる。
  • Spinosaurusで効果的に収穫できます。
  • 衝撃/気絶に対する耐性があるため、Basilosaurusで効果的に収穫できます。
  • 触手のストライクの影響範囲とショックの影響が最小限であるため、Tusoteuthisを使用すると最も効果的に収穫できます。
  • 安全ないかだを使用して、遠くから撃つことにより、Cnidariaから収穫できます。
  • Aberrationマップ上の胞子を誘発するキノコからIguanodonを攻撃スタンスで収穫できます。
  • Scorched Earthにはバイオトキシンの自然のスポーンリソースはありません。
  • これを収集するもう1つの優れた方法は、できるだけ水面に近づけて、ペラゴルニスまたは他の飛行騎乗生物を使用して、水面に触れずに殺して食べることです。 他の騎乗生物はノックオフを恐れる危険性があります。ペラゴルニスはその場しのぎのいかだとして使用でき、誤って近づきすぎた場合は追従させることでクニダリアから引き出すことができます。
  • クニダリアが岸近くにいる場合は、クニダリアをアクティブにしてから泳いで岸に戻って槍や長槍でそれらを殺します。
  • クニダリアは、水面に引き寄せられたときに、いかだから長槍で殺すことができます。