ARK: Survival Evolved Wiki
Advertisement
赤ちゃんが生まれます。赤ちゃんが殺されます。赤ちゃんは夕食です。(赤ちゃんは霜降り肉の良い供給源です)...
~ Drake on Baby Dinos

A Raptor and his offspring

ブリーディングARK: Survival Evolvedの機能の一つで、プレイヤーは哺乳類ではない生物の場合は、哺乳類の場合は妊娠によって改良された生物を繁殖させることができます。卵には所有権がないので、他のサバイバーの恐竜が産んだ卵を盗むことができます。

生まれたばかりの生物は、単に主張(刷り込み)するだけで、野生の生物のような通常のテイムプロセスを必要としません。誰でも生まれたての生物を主張することができます。赤ちゃんは空腹ですぐに死んでしまうことがあるので、これは速やかに行い、餌も与えなければなりません。

ブリーディング方法[]

交配の準備[]

ブリーディングの第一歩は交配のために同じ種類の異性の生物を2体用意して交配させることです。生物の原種、TEK、変種、X、Rの各生物は別の種としてカウントされるため、交配することはできません。それらはそれぞれの異種と繁殖する必要があります。ほとんどの生物は繁殖することができますが、交配できないいくつかの生物については、この記事の下部に記載されています。詳しくはブリーディングできない生物を参照してください。

孵化や妊娠の完了時に、常に複数の赤ちゃんが生まれることを想定しておいてください。双子の確率は10%、三つ子の確率は2%です。[1]

突然変異、双子、三つ子の確率に影響を与える生物はゲーム内に存在しないことが確認されています[2]

交配の必要条件[]

生物の交配が成功するためには、以下の条件を満たす必要があります:

  • 同じ種であること
  • 異性(オスとメス)であること
  • 互いの交配範囲内であること
  • 放浪モードか交配可能に設定する(両方の生物で放浪を有効にするまたは交配を有効にするに設定する必要があります)
  • 何も追従していない(両方の生物で追従を無効にする
  • 重量オーバーではない(生物は移動できないほどの重量を持ってはいけません)
  • 騎乗されていない
  • 避妊・去勢をしていない
  • 交配クールダウンではない(一度交配したメスは、再び交配するまでに交配のクールダウン期間があり、このクールダウンはARK間で生物を移動させる際にも発生します)

放浪中の交配範囲[]

放浪を有効にして交配する場合は、交配範囲を維持するための手順を踏む必要があります。交配範囲は種によって異なり、大まかに言って成体の生物の大きさに基づいています。交配のペアが交配範囲外に移動すると、交配が停止され、交配の進行状況がリセットされます。

放浪する動物を互いの交配範囲内に保つために、適切な大きさの小屋を作ることは一般的な方法のひとつです。

口笛コマンドの「命令:停止(全員)」(PCではU)を使用することもできます。これは、エリア内のすべての生物の動きを停止させるもので、放浪モードがONになっているものも含みます。生物が再び動き出すたびに口笛を使うか、生物が絶対に動かないようにするには、常に口笛を鳴らすのがよいでしょう。この方法は小屋を必要としませんが、あなたやトライブのメンバーがそこに留まり、常に口笛を吹く必要があります。これは、1人のサバイバーが常に動かないように口笛を吹いていて、別のサバイバーが近くの生物を放浪させることができる場合、より効果的かもしれません。この方法では、小屋を作ったり生物を動かしたりすることなく、その地域で大量繁殖を実現することができます。

自分でペアのブリーディングを開始するには、両方の生物があなたに追従するように口笛を吹きます、その後、放浪モードをONにします。次に、両方の追従を無効にします。これにより、その間、彼らが歩き回るのを防ぐことができます。

Dino Leash Extinction Icon.pngを使って、交配の範囲を制限することも可能です。この場合、交配用の小屋は必要ありません。

小屋を作ったり、口笛を吹いたり、リーシュを使ったりしたくない場合は、代わりに「交配可能」を使うことができます。この方法では、生物を静止させてから交配を始めます。

交配[]

上記の条件をすべて満たすと、交配する生物の頭上に小さな赤いハートのアイコンが表示され、メスのHUDに交配バーが表示されます(メスを見るとHUDが表示されます)。また、HUDにはどの生物と交配しているかが表示されます。交配している動物同士が離れないようにしないと、交配が止まってしまいます。サーバーのラグやゲームの仕組み上、交配バーはリアルタイムに更新されません。さらに、1匹のオスに複数のメスを同時に交配させると、この現象が悪化します。交配バーは飛躍的に変化するので、忍耐強く待つことをお勧めします。

交配バーが完成すると、哺乳類以外のメスは受精卵を1個ドロップし、哺乳類のメスは妊娠を始めます。

サーバーやトライブにテイムされた恐竜が多すぎる場合、両者は空きスペースがあるまで交配を拒否します。

交配の特別な条件[]

一部の恐竜は、特定の条件が与えられた場合にのみ交配します。

  • Royal Griffin - 同様の姓を持つ他の性別とのみ交配します。
  • Ferox - メスが少なくとも95%以上中毒性を持っていて、小さな生物である場合にのみ交配します。
  • Magmasaur - いずれかのマップで、メスが火山地域の溶岩面に沈んでいる場合にのみ交配します。
  • Megachelon - 深海の深いところでのみ交配します。
  • Beelzebufo - 水中でのみ交配します。
  • Diplocaulus - 水中でのみ交配します。

交配可能になるまでの期間[]

交配可能になるまでの期間が経過するまで、メスは再び交配できません(低温ポッドに入れても交配可能になるまでの期間のクールダウンは継続します)。この時間はHUDに表示されています。

交配可能になるまでの期間は、生物が卵を産んだ後、または妊娠が完了した後に開始されます。交配可能になるまでの期間は、サーバー間で転送されたメスの生物にも開始されます。オスはいつでも交配することができます。

孵化[]

主な記事: 孵化

受精卵自体は、床や地面に落としたり、Egg Incubator (Genesis: Part 2)に正しく入れたりすることで初めて孵化を開始します。孵化するとき、受精卵は種に応じて特定の温度範囲に保たれなければなりません(これは断熱性にも影響します)。この温度範囲外では孵化が進まず、時間の経過とともに「受精卵の体力」が失われ、これがゼロになると壊れてしまいます。これは受精卵を見るとHUDに親と一緒に表示されます。

卵を拾ってRefrigeratorPreserving Binなどのインベントリに入れることで、いつでも孵化を「一時停止」することができます。

以下の卵は入手方法の性質上、例外となります(不適切な温度領域での体力の減少はありません):

サーバーやトライブ内にテイムされた生物が多すぎると、卵はタイマー情報なしで孵化し続けますが、孵化させても赤ちゃんは生まれません。

温度管理[]

卵を孵化に適した温度に保つための最善の方法は、断熱を使うことです。1つ以上のAir ConditionerDimetrodonKairukuOtterを使用してください。6台のAir Conditionerですべての卵に対応できますが、暑さや寒さの激動時には8台が理想的です。GiganotosaurusScorched EarthやRagnarokのWyvernのような大きな卵では最大14個のエアコンが必要になる場合があります。AberrationRock Drakeは、孵化に必要な温度が非常に低いため、最低15台のエアコンが必要です。一方、ValgueroDeinonychusは非常に高い温度を必要とするため、雪の中では23台のエアコンを必要とします。

Genesis: Part 2のリリースに伴い、Egg Incubator (Genesis: Part 2)の導入により、卵を孵化させる方法がまた一つ増えました。

もう1つの方法は、一握りのDimetrodonをテイムすることです。一見すると役に立たないヒレのある生物ですが、実はゲーム中で最も優れた断熱のひとつなのです。近接攻撃力が大きいほど、断熱ボーナスは大きくなり、1000程度の近接攻撃力であれば、ワイバーンの卵を育てることもできます。断熱効果は他のディメトロドンと重なるので、1体では足りない場合は2体、3体と増やしていくと良いでしょう。高価なエアコンよりもはるかに安く維持でき、電気を必要とする据え付けのエアコンと比べると、ディメトロドンは移動可能で肉しか必要としません。しかし、何事にも欠点はつきもので、ディメトロドンは遅く、徒歩での移動が困難で、スポーンする場所や気絶値の低下が速いためテイムするのは難しいです。しかし、特にAberrationでは、Rock Drake Eggのために通常多くのエアコンが必要となりますので、リスクを冒す価値はあります。

エアコンやディメトロドンがまだ使えないゲーム開始時には、熱源を使用して卵の温度を調節しましょう。Standing TorchTorchCampfireIndustrial CookerStone Fireplaceなどが有効です。しかし、どれも耐熱がマイナスになるという欠点があり、慎重な管理が必要になったり、寒い地域に行くと耐寒性と耐熱性の差が大きくなったりします。バイオームや卵によっては、4つ以上のたいまつが必要になることもあります。

地域間の温度差は非常に激しく、20 °Cになることもあるため、温度が卵の理想的な温度に近いバイオームを近くで探してみましょう。これは通常、生物を生み出したバイオームです。ゲームの序盤では、高温のバイオームで冷やすよりも、寒すぎるバイオーム(海岸近くなど)を見つけて、松明で卵を温める方が簡単です。

受精卵はインベントリで卵の体力を失うことはなく、信じられないほどゆっくりと腐敗するので、孵化に必要な適切な温度になるまで、インベントリ内や食料保存庫や冷蔵庫に入れておくことができます。これは、極端な温度の地域に定住する場合に非常に役立ちます。気温の高いバイオームでは、暑くなりすぎたときにエアコンなしで卵を冷やすことは特に困難です。

移動できない卵[]

ほとんどの生物の卵は、現在の場所で孵化に必要な温度が得られない場合、適切な場所に移動することができますが、一部の卵は、移動できない性質のために一度産卵すると移動できません。そのため、次の卵のメスは、やっかいな問題がない孵化できる場所に産卵する必要があります:

妊娠[]

妊娠中のメスは、通常の2倍の食事量を摂取することができます。赤ちゃんを失うことのないよう、妊娠中の母親が十分な量の食べ物を摂取できるようにしましょう。

赤ちゃんが生き延びるためには早急な対応が必要ですので、妊娠期間が終わる頃には必ず立ち会ってください。

妊娠中の母親を低温ポッドに入れようとすると、妊娠が終了してしまいます。

所有権を獲得する[]

赤ちゃんは孵化または出産後、所有権がない状態で生まれるので、サバイバーは出生直後に赤ちゃんに近づき、赤ちゃんを正しく見て、「使用」キー(E, Y, Triangle)を押して刷り込みすることで「獲得」しなければなりませんが、そうしないと他のサバイバーに獲得されてしまいます。唯一の例外はReaper Kingで、これは「出産」したサバイバーのみが獲得でき、出産した人のトライブの仲間も含めて他のサバイバーは獲得することはできません。

警告: 積極的に攻撃に設定されたペットは、孵化または出産直後の所有権がない生物を攻撃します。これを避けるためには、「無抵抗」に口笛を吹くか、素早く赤ちゃんを獲得してください。また、TEKシールドは所有権がない赤ちゃんをその半径の外に「追いやり」ます。

264.5以降、オートタレットプラントXの設定が「Player and Tamed Creatures」になっている場合、孵化または出産後の所有権がない生物を攻撃しません。赤ちゃんの命を心配することなく、孵化場の中にタレットを安全に配置することができます。

赤ちゃんがすぐに獲得されてから栄養を与えられない場合、空腹ですぐに死ぬ可能性があります。

受精卵の孵化のタイミングは、Preserving BinRefrigeratorを使ってコントロールすることができます。生きている生物の場合はできませんので、交配や妊娠のタイミングを見計らってください。

赤ちゃんの世話[]

幼い動物は特に「幼年期」の段階では、かなりの時間と集中的なケアが必要です。忙しい場合は、生物をすぐにブリーディングさせないようにしましょう。また、生まれたばかりの赤ちゃんを低温ポッドに入れておくのもいいでしょう。ほとんどの生物は、育てるのに週末の大半を必要とします。

新しい赤ちゃんは、手ごろな距離にサバイバーがいれば、そのサバイバーに追従するので、サバイバーはこの設定を無効にしたほうがいいでしょう。新しい赤ちゃんは体力、収容力、食料が極めて低いため、サバイバーは生後間もないうちに注意深く餌を与えて世話をしなければ、すぐに死んでしまいます。生物に餌を与えるには、インベントリに食料を追加して餌を与える必要があります。成熟の少年期(10.1%)の段階に達すると、Feeding TroughTek Troughから食べることができるようになり、生物に十分な食料が供給されるようになります。成熟の進行状況と段階は、その生物を見ると表示されます。

赤ちゃんは、時間の経過とともに成熟するにつれて、より多くのHP食料容量収容力を増やしていきます。赤ちゃんはとても早く食べるので、たくさんの食べ物が必要です。母親が妊娠している間や卵が孵化している間に、あらかじめ食料を蓄えておきましょう。

赤ちゃんは騎乗することができず、戦いから逃げてしまいます。生物を運ぶことができる騎乗生物(Argentavisなど)は赤ちゃんを運ぶことができるので、必要に応じて赤ちゃんを素早く再配置することができます。

ProcoptodonMaewingは、赤ちゃんを育てるのに役立つ2つの生物です。

赤ちゃんが成熟するには長い時間がかかります。ブリーディングは、あなたやあなたのトライブに時間的余裕がある場合にのみ行うべきです。赤ちゃんが成長するにつれて、あなたは赤ちゃんをより長い期間放っておくことができるようになります。この段階でのサバイバーの時間の有効な使い方は、刷り込み用のキブルを作ることかもしれません。刷り込みを行う場合、赤ちゃんは6種類のキブル(PCとコンソールの場合)または15種類のキブル(モバイル)のいずれかを要求することがありますので、手元に用意しておきましょう。

肉食動物の幼年期の世話[]

幼年期の肉食動物を育てるのは特に難しく、成熟させるには最低でも48時間の実時間を必要とし、餌箱では26.6時間の実時間(40個×40分)で肉が腐ってしまいます。そのため、育成を続けるためには、26時間ごとに餌箱に肉を補充する必要があり、これを怠ると餓死してしまいます。魚肉を使うと、この時間は2倍の53.3時間(40個×80分)になりますが、魚肉は生肉の半分の栄養しかないので、赤ちゃんは2倍の肉を必要とします。生物*は食料値の低いものから食べていくので(下記の食品表参照)、したがって生肉の前に魚肉を食べるので、2つを混合すると魚肉が最初に食べられ続ける時間が長くなります。少年期に移行すると、生物は餌箱から食事ができるようになりますが、食事を与えないと飢えてしまいます。

これは草食動物にとってはあまり問題ではありません。というのも、100個のベリーのスタックは、腐敗するまでに66時間の実時間(2.7日)も持つので、はるかに管理しやすいからです。赤ちゃんにスティムベリーやナルコベリーを与えても、食べないので注意が必要です。

*バリオニクスペラゴルニスのように、こんがり魚よりも魚肉を先に食べる生物は少なく、彼らは魚の肉しか食べません。同様に、彼らの子孫も成体になるまで生の魚肉のみ食べます。

より多くのアイテムを収納でき、冷蔵庫のように機能して、腐敗時間を延長できる、電源の入っているTek Troughの使用をお勧めします。

卵の孵化からのみテイムできる赤ちゃんの世話[]

Scorched Earth DLC.jpg Aberration DLC.jpg Genesis Part 1 DLC.jpg Crystal Isles DLC.jpg このセクションでは、DLC限定のコンテンツについて説明します: Scorched Earth, Aberration, Part 1, Crystal Isles

卵の孵化からのみテイムできる赤ちゃん(Deinonychusを除く)は完全に成熟するまで特定の食料しか摂取しません。他の赤ちゃんに比べて食料の減り方が遅いのですが、彼らに通常の食料を与えても食料は補充されません。

特別なケア[]

特別なケアが必要な赤ちゃんもいます。適切なケアをしないと悲惨なことになります。

リーパーキング[]
Aberration DLC.jpg このセクションでは、DLC限定のコンテンツについて説明します: Aberration

リーパーキングの幼年期の世話の方法や、入手する方法の詳細については、リーパーキングを確認してください。赤ちゃんのリーパーキングは常に放浪し近くによれば、どんな恐竜や周りのサバイバーをも攻撃するでしょう。(放浪を止めたり、追従をすることはできません)。Reaper Pheromone Gland Aberration Icon.png効果で出産者を攻撃することはありません。しかし、それが少年期になると、ランダムに攻撃するのを止め、他の赤ちゃんのように命令することができます。

赤ちゃんが実体を攻撃するたびに、赤ちゃんの食料の一部が失われます。

Royal Griffin[]
Logo Mobile.svg このセクションでは、限られた環境のみで利用可能な機能について説明します:Mobile

幼年期のGriffinは、自分が安全だと感じられる場所を好みます。不安を感じている間は、インベントリや餌箱にある食べ物を食べようとしません。安全であると感じるためには、現在の祖先に基づく母親、または赤ちゃんと同じ名前の女性のグリフィンの近くにいる必要があります。

ベールゼブフォ[]

ベールゼブフォの赤ちゃんは大人になるまで、常に水の中に入れておかなければなりません。青年期であってもベールゼブフォを水から引っぱり出そうとすると、簡単に死んでしまいます。

食料の値[]

肉食生物は肉しか食べず、植物食生物はベリーしか食べません。幼年期の段階では、少年期になるまで手で餌を与えなければなりません。これにはかなり長い時間がかかる可能性があるので、準備をして、赤ちゃんに餌をやる時間をとってください。

食料 食料値
好きなキブル 80 (53.33*)
霜降り干し肉を使用したキブル (カルボネミスのキブルを除く) 90
その他のキブル 60
霜降り肉 / 生肉 / 羊肉 50**
腐った肉 50***
霜降りこんがり肉 / 霜降り干し肉 50
作物 40
メジョベリー 30
こんがり肉 / 干し肉 25
大トロ / こんがり大トロ / 魚肉 25
その他のベリー 20
こんがり魚 12

* ブロントサウルスは、好みのKibble (Carbonemys Egg)から食料値を53.33しか獲得できません
** 一部の生き物は生肉の値が異なります。Bloodstalkerは生肉1つにつき10しか得られません
*** ScorpionVultureMantisのみ


成熟段階と食料消費[]

成熟段階 名前
0%-10% 幼年期
10%-50% 少年期
50%-100% 青年期

赤ちゃんの摂餌量は非常に多く、成熟の進行によって動的に変化します

FoodPerSec(1秒当たりの食料数) = 2.7 - 2.6 * maturationRatio(成熟割合)

注: この式は推定値であり、正確な数値が得られない場合があります。

全体的な見通し:設定を変更していないサーバーで1匹の赤ちゃんティラノサウルス(双子や三つ子の可能性もあります)の場合、成体期になるまでに約450スタック(ほぼ冷蔵庫6個分)の生肉が必要です。だから、赤ちゃんが生まれる前にたくさん用意してください。

計算器を使用して、必要な食事と時間を決定します。例:[3]

備考[]

  • 食料消費率は成熟の進行の各段階で変化するようです(少なくともダイアウルフとドードーの場合)。

刷り込み[]

主な記事: 刷り込み


刷り込みとは、ブリーディングした生物のステータス値を向上させる方法です。刷り込みには、8*時間ごとに3つのふれあい(特定のキブルを与える、世話、散歩)のうち1つが必要です。生まれたばかりの赤ちゃんを刷り込みできるのは、1人のプレイヤーだけです(最初に獲得した人)。刷り込みをしなくてもペナルティはありませんが、得られるものもありません。行われた刷り込みは永久に続きます。刷り込みを見逃しても、累積された刷り込み値が失われることはありません。

このプレイヤーが成熟の間ずっと赤ちゃんの世話をすることができた場合、その生物の変更前の基本ステータスが20%増加し、刷り込みした人が騎乗した場合は、ダメージとダメージ耐性が30%増加します。

* イベントが発生している場合、刷り込みの間隔や1回の刷り込みで得られる量が変わることがあります。次の刷り込みがいつ必要になるのか、HUDに注目してみてください。

ブリーディングできない生物[]

テイム生物は、以下を除いてすべてブリーディング可能です:

ゲーム内でReaper Kingがブリーディング可能であると示されているにもかかわらず、それらが「飼いならされている」方法のために不可能であり、性別がないものとして示されているという事実もあります。

ARK: Survival Evolved Mobileでは、Royal Griffin に性別があり、ブリーディングすることができます。ただし、同じ家のメンバーとしか交尾しません(名前の最後の2~3文字が同じでなければなりません)。

ブリーディング時間[]

孵化温度 成熟時間 [(日) 時:分] 交配可能になる
までの期間
[時:分]
最低 (°C) 最高 (°C) 最低 (°F) 最高 (°F) 視覚化 時間
[時:分]
幼年期 少年期 青年期 合計
Allosaurus 26 32 79 90
1:39 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Anglerfish -75 75 -103 167
4:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Ankylosaurus 16 20 61 68
2:37 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00–48:00
Araneo 4 12 39 54
1:25 2:30 10:00 12:30 1日 01:01 18:00–48:00
Archaeopteryx 16 20 61 68
2:37 1:32 6:10 7:42 15:25 18:00–48:00
Argentavis 12 13.5 54 56
2:56 5:26 21:47 1日 03:13 2日 06:27 18:00–48:00
Arthropluera 18 22 64 72
2:29 5:08 20:34 1日 01:43 2日 03:26 18:00–48:00
Baryonyx 29 35 84 95
1:59 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Beelzebufo 0 50 32 122
4:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Bloodstalker 27 30 81 86
2:56 5:26 21:47 1日 03:13 2日 06:27 18:00–48:00
Brontosaurus 28 31 82 88
4:59 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Carbonemys 30 34 86 93
1:14 2:18 9:15 11:34 23:08 18:00–48:00
Carnotaurus 26 32 79 90
1:39 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Compy 24 32 75 90
0:49 2:06 8:25 10:31 21:02 18:00–48:00
Crystal Wyvern 75 85 167 185
4:59 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Deinonychus 80 90 176 194
4:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Dilophosaur 28 32 82 90
1:08 2:06 8:25 10:31 21:02 18:00–48:00
Dimetrodon 30 34 86 93
2:29 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Dimorphodon 35 38 95 100
1:21 2:30 10:00 12:30 1日 01:01 18:00–48:00
Diplocaulus 0 50 32 122
4:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Diplodocus 26 29 79 84
4:59 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Dodo 22 30 72 86
0:49 1:32 6:10 7:42 15:25 18:00–48:00
Electrophorus 0 50 32 122
4:59 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Featherlight 29 32 84 90
1:39 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00–48:00
Gallimimus 24 28 75 82
1:25 2:38 10:34 13:13 1日 02:27 18:00–48:00
Giganotosaurus 43 44 109 111
2日 01:59 1日 00:23 4日 01:35 5日 01:59 10日 03:59 18:00–48:00
Glowtail 30 34 86 93
2:29 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00–48:00
Hesperornis 22 30 72 86
1:30 2:48 11:13 14:01 1日 04:03 18:00–48:00
Ichthyornis 29 32 84 90
1:39 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Iguanodon 24 28 75 82
1:25 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Kairuku 22 30 72 86
1:30 2:48 11:13 14:01 1日 04:03 18:00–48:00
Kaprosuchus 29 35 84 95
1:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Kentrosaurus 24 30 75 86
2:46 5:08 20:34 1日 01:43 2日 03:26 18:00–48:00
Lymantria 35 38 95 100
1:30 3:05 12:20 15:25 1日 06:51 18:00–48:00
Lystrosaurus 24 28 75 82
0:49 1:32 6:10 7:42 15:25 18:00–48:00
Maewing 22 26 72 79
1:25 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 36:00–96:00
Magmasaur 90 110 194 230
4:59 18:31 3日 02:04 3日 20:35 7日 17:11 18:00–48:00
Mantis 35 38 95 100
2:46 5:26 21:47 1日 03:13 2日 06:27 18:00–48:00
Megachelon -75 75 -103 167
4:59 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Megalania 29 35 84 95
1:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Megalosaurus 26 32 79 90
1:39 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Microraptor 24 28 75 82
1:25 5:26 21:47 1日 03:13 2日 06:27 18:00–48:00
Morellatops 22 28 72 82
2:29 3:05 12:20 15:25 1日 06:51 18:00–48:00
Moschops 16 20 61 68
2:37 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00–48:00
Oviraptor 26 30 79 86
1:08 2:06 8:25 10:31 21:02 18:00–48:00
Pachy 24 28 75 82
1:25 2:38 10:34 13:13 1日 02:27 18:00–48:00
Pachyrhinosaurus 22 28 72 82
2:29 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Parasaur 24 28 75 82
1:25 2:38 10:34 13:13 1日 02:27 18:00–48:00
Pegomastax 28 32 82 90
1:08 3:05 12:20 15:25 1日 06:51 18:00–48:00
Pelagornis 29 32 84 90
1:39 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Pteranodon 29 32 84 90
1:39 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Pulmonoscorpius 12 16 54 61
1:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Quetzal 5 6 41 43
16:39 13:13 2日 04:54 2日 18:08 5日 12:16 18:00–48:00
Raptor 20 28 68 82
1:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Rex 32 34 90 93
4:59 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Rock Drake -90 -80 -130 -112
6:14 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Sarco 30 34 86 93
2:29 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Snow Owl 12 13.5 54 56
2:56 5:26 21:47 1日 03:13 2日 06:27 18:00–48:00
Spino 30 32 86 90
3:50 7:07 1日 04:29 1日 11:36 2日 23:13 18:00–48:00
Stegosaurus 22 28 72 82
2:46 5:08 20:34 1日 01:43 2日 03:26 18:00–48:00
Tapejara 29 32 84 90
1:39 5:26 21:47 1日 03:13 2日 06:27 18:00–48:00
Tek Parasaur 24 28 75 82
1:25 2:38 10:34 13:13 1日 02:27 18:00–48:00
Tek Quetzal 5 6 41 43
16:39 13:13 2日 04:54 2日 18:08 5日 12:16 18:00–48:00
Tek Raptor 20 28 68 82
1:59 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00–48:00
Tek Rex 32 34 90 93
4:59 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Tek Stegosaurus 22 28 72 82
2:46 5:08 20:34 1日 01:43 2日 03:26 18:00–48:00
Tek Triceratops 22 28 72 82
2:29 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Terror Bird 20 28 68 82
1:59 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Therizinosaur 26 32 79 90
1:39 11:34 1日 22:17 2日 09:52 4日 19:44 18:00–48:00
Thorny Dragon 22 28 72 82
2:29 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00–48:00
Triceratops 22 28 72 82
2:29 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Troodon 28 32 82 90
1:08 2:06 8:25 10:31 21:02 18:00–48:00
Tropeognathus 29 32 84 90
1:39 5:26 21:47 1日 03:13 2日 06:27 18:00–48:00
Tusoteuthis 0 50 32 122
4:59 18:31 3日 02:04 3日 20:35 7日 17:11 18:00–48:00
Velonasaur 28 32 82 90
1:08 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00–48:00
Voidwyrm 80 90 176 194
4:59 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Vulture 35 38 95 100
1:21 2:30 10:00 12:30 1日 01:01 18:00–48:00
Wyvern 80 90 176 194
4:59 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00–48:00
Yutyrannus 32 34 90 93
4:59 18:31 3日 02:04 3日 20:35 7日 17:11 18:00–48:00


妊娠
[時:分]
成熟時間 [(日) 時:分] 交配可能になる
までの期間
[時:分]
幼年期 少年期 青年期 合計
Astrodelphis 7:56 5:26 21:47 1日 03:13 2日 06:27 18:00-48:00
Basilosaurus 7:56 11:34 1日 22:17 2日 09:52 4日 19:44 18:00-48:00
Bulbdog 4:10 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Castoroides 7:56 6:10 1日 00:41 1日 06:51 2日 13:43 18:00-39:40
Chalicotherium 7:56 8:13 1日 08:55 1日 17:09 3日 10:18 18:00-48:00
Daeodon 7:56 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Dire Bear 3:58 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00-48:00
Direwolf 4:10 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Doedicurus 4:57 5:47 23:08 1日 04:56 2日 09:52 18:00-48:00
Dunkleosteus 7:56 8:13 1日 08:55 1日 17:09 3日 10:18 18:00-48:00
Equus 13:13 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00-48:00
Ferox 9:55 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00-48:00
Gacha 7:56 11:34 1日 22:17 2日 09:52 4日 19:44 18:00-48:00
Gasbags 7:56 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00-48:00
Gigantopithecus 6:36 7:42 1日 06:51 1日 14:34 3日 05:09 18:00-48:00
Hyaenodon 3:58 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00-48:00
Ichthyosaurus 7:56 5:47 23:08 1日 04:56 2日 09:52 18:00-48:00
Jerboa 2:38 2:06 8:25 10:31 21:02 18:00-48:00
Mammoth 7:56 8:13 1日 08:55 1日 17:09 3日 10:18 18:00-48:00
Managarmr 3:58 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00-48:00
Manta 7:56 3:42 14:48 18:31 1日 13:02 18:00-48:00
Megaloceros 6:06 7:07 1日 04:29 1日 11:36 2日 23:13 18:00-48:00
Megalodon 6:06 7:07 1日 04:29 1日 11:36 2日 23:13 18:00-48:00
Megatherium 7:56 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00-48:00
Mesopithecus 2:38 3:05 12:20 15:25 1日 06:51 18:00-48:00
Mosasaurus 7:56 18:31 3日 02:04 3日 20:35 7日 17:11 18:00-48:00
Onyc 3:58 2:48 11:13 14:01 1日 04:03 18:00-48:00
Otter 7:56 2:06 8:25 10:31 21:02 18:00-39:40
Ovis 4:10 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Paraceratherium 7:56 9:15 1日 13:02 1日 22:17 3日 20:35 18:00-48:00
Phiomia 9:55 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Plesiosaur 7:56 11:34 1日 22:17 2日 09:52 4日 19:44 18:00-48:00
Procoptodon 3:58 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00-48:00
Purlovia 4:10 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Ravager 4:10 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Reaper King 12:00 7:42 1日 06:51 1日 14:34 3日 05:09 -
Roll Rat 4:57 5:47 23:08 1日 04:56 2日 09:52 18:00-48:00
Sabertooth 4:10 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Shadowmane 2:23 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Shinehorn 4:10 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Thylacoleo 4:10 4:52 19:29 1日 00:21 2日 00:43 18:00-48:00
Unicorn 13:13 4:37 18:31 23:08 1日 22:17 18:00-48:00
Woolly Rhino 3:58 5:47 23:08 1日 04:56 2日 09:52 18:00-48:00

子のステータス[]

スーパー恐竜のブリーディングを徹底解説

2匹の恐竜の間に生まれた子は、親の「自然」なステータスレベルを継承します。自然なステータスとは、テイムされた後、プレイヤーによるレベルアップでステータスを獲得する前の各ステータスのレベルです。55%の確率で、それぞれの親の強い方のステータスを受け継ぐことになります。つまり、1回の交配で両親から100%完璧な(つまり両親の高いステータスのみを持つ)生物が一定の確率で得られることになります。

子のステータス値(ステータスレベルではない)は、100%のテイム効果でテイム効果ボーナスが適用されたテイムされた生物の場合と同様に計算されます。これは、テイム効果ボーナスを得るステータスにおいて、子が親よりも高い値を持つ可能性があることを意味します(ほとんどの生物の場合、これは近接攻撃力であり、食料の場合もあります)。ステータスからの値の計算方法については、Creature Stats Calculationも参照してください。

[]

これをよく理解するために、例を挙げてみましょう。一組のユタラプトルの近接攻撃力だけを見てみましょう。彼らは70%のテイム効果でテイムされていて、両方とも近接攻撃力がすでにレベル4あると仮定します。この近接攻撃力の値は、Creature Stats Calculationと、新たに追加された追加修正(バランス調整アップデート)、そしてラプターのステータスに基づいています。

値 = (BaseStat × ( 1 + LevelWild × IncreaseWild) + TamingBonusAdd × TamingBonusAddModifier) × (1 + TamingEffectiveness × TamingBonusMult × TamingBonusMultModifier)
値 = (100% × ( 1 + 4 × 5%) + 50% × 15%) × (1 + 70% × 40% × 45%)
値 = 127.5% × 112.6%
値 = 143.6%

子はその親の値を継承します。ただし、素の値ではなく、親がプレイヤーにレベルアップされる前のステータスのレベルを継承します。つまり、子の近接攻撃力はレベル4を受け継ぐことになります(この場合、両方の親がレベル4を持っているため)。子の近接攻撃力の値を得るためには、先ほどと同じように計算しますが、今回はテイム効果を100%とします(このゲームでは、生物をブリーディングさせると別のボーナスが得られるようになっています)。

値 = (BaseStat × ( 1 + LevelWild × IncreaseWild) + TamingBonusAdd × TamingBonusAddModifier) × (1 + TamingEffectiveness × TamingBonusMult × TamingBonusMultModifier)
値 = (100% × ( 1 + 4 × 5%) + 50% × 15%) × (1 + 100% × 40% × 45%)
値 = 127.5% × 118%
値 = 150.5%

この子は親と同様にレベル4の近接攻撃力を持っていますが、テイム効果のボーナスが高いため、その値は143.6%ではなく150.5%になります。このボーナスはそれほど大きくはありませんが、明らかに目立ちます。

孵化時の高いステータスの数と入手の確率[]

希望するステータスの数 確率 [%]
6 2.77%
5 13.59%
4 27.80%
3 30.32%
2 18.61%
1 6.09%
0 0.83%

最高の親を見つける[]

子のステータスを最大にするためには、いくつかのステータスが良い値を持つ特化した親が必要です。1つのステータスに特化している生物ほど、高いレベルにすることができます。本当に良いブリーディング生物を得るためには、それぞれが高レベルの(ここでは野生のレベルのみをカウントします)異なるステータスを持つ、6体の生物が必要です。少なくとも3世代後には、最高のステータスを持つ生物をブリーディングすることができます。

野生生物のステータスのレベルアップ計算機

野生生物の値を入力すると、どのステータスが目立っているかがわかります。高レベルの生物の値が緑色であれば、繁殖には非常に適しています。すでに生物をテイムしている場合は、外部ツールを使って繁殖用のステータスを取り戻すことができます。[4]

ブリーディング

stat-calculatorはモバイルビューでは機能しません。代替方法についてはこちらをご覧ください: Apps

生物がテイムされた後は、テイム効果に応じていくつかのステータスにボーナスを得ることに注意してください。このため、テイムされた生物のレベルを取得することは困難です。したがって、このツールは野生生物のみを対象としていますが、ステータスがどのように配分されているかという第一印象を与えることができます。

子のレベル[]

子のレベルは、親が継承したステータスに使った野生のレベルポイント(つまり、テイム後の生物のレベル)の合計です。例えば、片方の(非常に珍しい)親の体力がレベル40のみで他には何もレベルアップしておらず、もう片方の親は重量がレベル30のみレベルアップしていたとします。もし赤ちゃんがこれらの高いステータスを継承した場合、70のレベルアップを受け継ぐことになり、開始レベルと合わせてレベル71になります。他の可能性は、体力だけがレベルアップしたレベル41の赤ちゃん、重量だけがレベルアップしたレベル31の赤ちゃん、あるいはレベル1で何もレベルアップしていない赤ちゃんなどがあります。

赤ちゃんが得ることのできる(現実的には不可能な)最大レベルは、各ステータスにおいてレベル223(自然のもの149+テイムボーナスによる74(テイム効果はほぼ100%))となり、7つのステータスの合計は1562レベル(7つのステータスのレベル223+開始レベル(223×7+1=1562))となります。

223の野生のステータスをすべて特定のステータスに入れるためには、すべてのレベルが同じ確率でスポーンされると仮定して、平均2.863×10^188の生物を見つける必要があります[1/((1/7)^223)]。

野生動物がむだに使った移動速度のレベルは、ブリーディングの際に記憶され、引き継がれます。そのため、一見すると同じステータスの兄弟でも、片方がもう片方よりも高い移動ステータスを受け継いでいれば、異なるレベルになることがあります。これには実用上の利点があり、それは気絶値のレベルが高くなることです。

公式での生物の上限レベルは450で、このレベルを超えると、サーバーの再起動や転送、低温ポッドなどで生物が削除されます。

[]

これは、2人の親とその親が得ることのできる子の例を示します。子1はランダムなステータスを継承し、子(最大)は最大値のみを取得し、子(最小)はより最小値のみを取得しました。親のレベルよりも低い、中間、または高い可能性があることがわかります。高いレベルは太字で表示されます。

表示されているのは野生レベル(継承可能なレベル)のみです。 プレイヤーによるレベルアップは、子のステータスに影響を与えません。

この例では、スタミナのレベルは両親で同じなので、子がどちらを継承したかはわかりません。

子1 子(最大) 子(最小)
レベル 154
ステータス レベル
体力 24
スタミナ 23
酸素量 26
食料 18
重量 19
近接攻撃力 22
移動速度 21
レベル 150
ステータス レベル
体力 18
スタミナ 23
酸素量 26
食料 22
重量 19
近接攻撃力 22
移動速度 19
レベル 166
ステータス レベル
体力 24
スタミナ 23
酸素量 26
食料 22
重量 27
近接攻撃力 22
移動速度 21
レベル 130
ステータス レベル
体力 18
スタミナ 23
酸素量 15
食料 18
重量 19
近接攻撃力 17
移動速度 19
レベル 142
ステータス レベル
体力 18
スタミナ 23
酸素量 15
食料 22
重量 27
近接攻撃力 17
移動速度 19

生物のレベルを知るには、すべての生物がレベル1から始まるように、各ステータスのレベルを足して1を加えます。

備考/トリビア[]

外部映像チュートリアル[]

卵の孵化についての簡単なチュートリアル。

参照資料[]

Advertisement