ARK: Survival Evolved Wiki
Advertisement
Disambig.png この記事はマグマサウルスに関するものであり、Managarmrと混同しないでください。








食性
Omnivore
Territorial
Steam.svg 306.41
2/25/20
Xbox One.svg
2/25/20
PS.svg
2月 25, 2020
Logo Mobile.svg
まだリリースされていません
Nintendo Switch.svg
まだリリースされていません
Epic Games.svg 311.74
6月 11, 2020
スポーンコマンド
admincheat summon Cherufe_Character_BP_C
or
admincheat SpawnDino "Blueprint'/Game/Genesis/Dinos/Cherufe/Cherufe_Character_BP.Cherufe_Character_BP'" 500 0 0 35
X mark.svg できない1
Check mark.svg できる
Check mark.svg できる3

1 A adult Magmasaur can not be tamed but you can hatch a baby Magmasaur from a Magmasaur Egg
3 Can only breed in lava

データ
倒した時の経験値
480 XP
ドロップ
Size
Medium
550
孵化温度
90 - 110 °C / 194 - 230 °F
孵化時間
4時間 59分 58.56秒
幼年期
18時間 31分 6.667秒
少年期
3日 2時間 4分 26.667秒
青年期
3日 20時間 35分 33.334秒
合計成熟時間
7日 17時間 11分 6.667秒
繁殖間隔
18時間 - 2日
生息地

Common             Rare
  テイム不可   洞窟

マグマサウルスARK: Survival Evolved拡張パック Genesis: Part 1に登場する生物です。

基本情報[]

行動[]

マグマサウルスは火属性の生物であり、強さを獲得し、熱によって攻撃をチャージします。 溶岩との相性もよく、泳ぐことすらできて、水が嫌いです。 マグマサウルスは、サバイバーを熱、火、溶岩から保護する耐熱サドルを備えています。

マグマサウルスは攻撃力を上げるために必要なものは何でも消費し、Refining Forgeとして機能して金属鉱石精錬し、他の資源を精製します。 低温と水との接触はマグマサウルスを弱め、火の攻撃が遅くなる原因となります。

外観[]

マグマサウルスは火山バイオーム内の溶岩のあらゆる場所やその周辺に生息しています。また、火山内の卵の産卵場の周辺にも非常に多く生息しています。

配色と領域[]




このセクションでは、マグマサウルスの自然な色と領域が表示されます。デモンストレーションのために、以下の領域はアルビノのマグマサウルスの上に赤色で表示されています。各領域の説明の下に表示される色付きの四角形は、自然な配色の全体的な範囲を提供するためにマグマサウルスがランダムに生成する色です。色の上にカーソルを置くと、その色の名前とIDが表示されます。

この情報を使用して、チートコンソールにcheat SetTargetDinoColor <ColorRegion> <ColorID>と入力することにより、マグマサウルスのRegionを変更できます。たとえば、cheat SetTargetDinoColor 0 6はマグマサウルスの"main"がmagenta色になります。

Magmasaur PaintRegion0.png
Region 0:
Main
X mark.svg

Region 1はこの生物には
使用されません。

Magmasaur PaintRegion2.png
Region 2:
Tips
X mark.svg

Region 3はこの生物には
使用されません。

X mark.svg

Region 4はこの生物には
使用されません。

Magmasaur PaintRegion5.png
Region 5:
Gradient

ドロップ[]

基本ステータスと成長[]

能力値 基準値 レベルアップ テイムボーナス
野性生物 テイム生物 Additive Multiplicative
体力 3000 +150 +2.7% 420
スタミナ 500 +25 +5%
酸素量 200 +20 +10%
食料 2000 +200 +10%
重量 550 +11 +4%
近接攻撃力 120 +3.6 +0.51% -25% 17.6%
移動速度 100% N/A +0.5%
気絶値 725 +43.5 該当なし 0.5
移動 基本速度 全力疾走の速度 スタミナ
野生生物 テイム生物 野生生物 テイム生物
歩行 300 ? 525 1575 ?
水泳 150 ? ? ? ?
  • これらは、100%の移動速度での生物の基本速度です。
  • すべての生物の速度の比較については、生物の基本速度をご覧ください。
攻撃値
噛む スタミナ消費量 攻撃範囲 説明
基本 最小 Activation
10 450 0
攻撃タイプ ダメージ 発射物の値 気絶値の数値 状態効果: スタミナ 状態効果: 気絶値
寿命 Impulse 半径 基本 Mult 持続時間 Damage Mult 持続時間 Damage Mult
Melee 120

野生生物のステータスのレベルアップ計算機

野生生物の値を入力すると、どのステータスが目立っているかがわかります。高レベルの生物の値が緑色であれば、繁殖には非常に適しています。すでに生物をテイムしている場合は、外部ツールを使って繁殖用のステータスを取り戻すことができます。[1]

マグマサウルス

stat-calculatorはモバイルビューでは機能しません。代替方法についてはこちらをご覧ください: Apps

生物がテイムされた後は、テイム効果に応じていくつかのステータスにボーナスを得ることに注意してください。このため、テイムされた生物のレベルを取得することは困難です。したがって、このツールは野生生物のみを対象としていますが、ステータスがどのように配分されているかという第一印象を与えることができます。

戦闘[]

このセクションでは、マグマサウルスと戦う方法について説明します。

全般[]

マグマサウルスは、非常に壊滅的なことができ、複数の攻撃スタイルを持っている、手ごわい相手です。

マグマサウルスの一つ目の攻撃は、15〜20の土台分まで離れた場所にある木、石、金属の建造物を瞬時に破壊することができる「Searing Spit」です。装備が整っていないサバイバーや圧倒されているサバイバーを即死させることができ、身につけている装備を無視し、何かに乗っていても命中させることができる。サバイバーはこの攻撃を受ける側にならないように気をつけなければならない。

二つ目の攻撃は、サバイバーや飼いならされた恐竜が近づきすぎた時に使用できるデバフで、時間の経過とともに火傷ダメージを与える灼熱の炎です。このデバフはサバイバーが射程外に出るかMagmasaurを殺すまで常に更新されます。

これらの2つの攻撃のため、遠距離から対処する必要があります。Magmasaurは火器のダメージを軽減するので、高品質のコンパウンドボウで倒すのが最適な方法です。

マグマサウルスは溶岩の影響を完全に受けません。 プレイヤーは、巣穴から卵を掴もうとする前に、周囲のマグマサウルスとの距離が適切であることを確認する必要があります。

戦略[]

近接戦では危険な能力を持っているので、マグマサウルを攻撃する際には遠距離道具を使ってみましょう。強い陸上テイム生物を使用することをお勧めします。

サバイバーのグループなら、遠距離の武器でMagmasaurにダメージを与えて素早い騎乗でターゲットを取ることができるかもしれません。一方、他のサバイバーは、マグマサウルスが卵から十分に離れるまで待機してから、卵を掴もうとします。

マグマサウルスを戦闘に参加させると、高いdpsを持つ強い生物は、まともな近接ダメージを持つ高レベルのferoxのように、それを殺すことができます。

武器[]

Rocket LauncherBloodstalkerを使用すると、発砲時にあなたを持ち上げることができます。

サバイバーが卵からMagmasaurをおびき寄せようとしている場合、Crossbowも有効である。

危険[]

Magmasaurは遠距離からメテオのような弾を発射することができ、そして、彼らの短距離の火傷攻撃はサバイバーや近づきすぎた生物にとって致命的なものとなります。また、木や石、金属ベースでさえも消し去ることができる。彼らは、状態の解放中のManagarmrのように、タレットの範囲外で恐竜や人間を撃つことができます。サバイバーにマイナスのステータス効果を与えるため、近づくことはできません。

欠点[]

マグマサウルスは低温にさらされると弱くなり、水中(雨を含む)に置かれるとさらに弱くなります。

危険ではありますが、サバイバーは1体のマグマサウルスの側面に立ち、ものすごいターン半径を持っているため、その後ろにとどまることができます。

育成[]

野生のMagmasaursはテイムすることはできません。サバイバーは、Magmasaur Egg Genesis Part 1 Icon.pngを盗んで孵化させるか、Volcano Biome Simulationの溶岩の水たまりで飼いならされた2匹のMagmasaurを繁殖させて卵を産ませなければなりません。マグマサウルスの卵はマグマサウルスの巣でのみ見つかります。

マグマサウルスの卵は5時間の潜伏期間があります。

赤ちゃんマグマサウルスは、大人が通常食べるような食べ物を食べません。代わりに、月のバイオームにある、ひびの入った、色付きの緑色の岩を採掘することによって、一定の確率でのみ取得できるアンバーグリス Genesis Part 1 Icon.pngが必要です。アンバーグリスは赤ちゃんの食料値を500回復し、入手時に15分の腐敗タイマーがあります。 同時に、食料値の低下率は他の赤ちゃんと同じようなもので、体力を維持するには安定した供給が必要です。また、ほとんどの赤ちゃんは生まれつき食料の値が500以下(まれにそれ以上)で、食料値がゼロになった時にしか消費しません。

アンバーグリスは冷蔵庫とTEKの箱に保管できるため、アクセス可能な場合はTEKの箱を使用して、アンバーグリスを最大1日まで保存し、Magmasaursを幼年期以降に成長させてください。

ユーティリティ[]

Magmasaurは、金属のインゴットに乗っている、または許可されている間、「Searing Spit」を吐き出すことができます。マウスの右ボタンを押し続けると、Searing Spitが強化され、着陸時に溶岩の弾幕を放ちます。水没している間、または北極バイオームや月面バイオームの寒冷地などの低温バイオーム内では使用できないか、充電速度が非常に遅いです。しかし、その充電率は火山のような高温時で有利になります。

Searing Spitをチャージしても吐き出さないことを許された場合、「c」を押すと、マグマサウルスの側面を中心に爆発性の榴散弾を発射し、代わりに近くで爆発します。また、最小限ではあるが自身にもダメージを与えることができるので、これを使用する際は注意が必要です。

役割[]

盾役: Magmasaursは非常に高い最大体力を持つことができる。それをAOE挑発能力(スペースバー)と組み合わせれば、他のトライブのメンバーが殺している間に、彼らの周りにいる他の恐竜のターゲットをとることができます。Magmasaursはまた、適度に基本ダメージを持っています(体力をレベルアップ。近接攻撃のレベルアップはお勧めできません)。

移動式の炉/たき火: 20秒ごとにPhoenixのように以下のアイテムを精錬/変換できます:

精錬している間、その食物は実質的に落下し、実質的な食物である内部の生肉を食べようとします。 肉を調理しようとしない限り、主に石を保つことは彼らの食物を維持するでしょう。(重量をレベルアップ、食料値がゼロになるため、Searing Spitの使用を避けます。)

ゴーレムキラー: AOEのファイアボム攻撃を除いて、MagmasaurはRock Elementalとその亜種に近接攻撃とファイアボム攻撃でフルダメージを与えることができる。これにより、敵のゴーレムに簡単に対抗することができる。

金属収集者: Magmasaurは、その機動力、重量、そして「頂点」というステータスのおかげで、金属を集めるという点ではAnkylosaurusを凌駕している。また、火山の噴火に対する免疫をライダーに与えてくれるので、火山の中で農作業を続けることができ、PvPサーバーでは皮肉にも安全だ。欠点としては、ArgentavisKarkinosでは拾えないことですが、ソロで農作業をしている人には、Magmasaur以上のものはありません。(重量と必要に応じて少しの近接攻撃をレベルアップ)

重量軽減[]

マグマサウルスは、次のリソースがインベントリにある間、リストされている量だけWeightを減らします:

資源 重量軽減
金属鉱石 75%
金属のインゴット 75%
アンバーグリス Genesis Part 1 Icon.png 50%

収集品[]

資源 効率
Stone.png ★★★★★
Metal.png 金属鉱石 ★★★★★
Raw Prime Meat.png Raw Prime Meat ★★★★☆
Wood.png 木材 ★★★★☆
Obsidian.png 黒曜石 ★★★★☆
Thatch.png わら ★★★☆☆
Raw Meat.png Meat ★★★☆☆
Chitin.png キチン ★★★☆☆
Hide.png ★★★☆☆

スポットライト[]

備考/トリビア[]

  • Magmasaur EggDeinonychus Eggと同じく最大レベルが150となっていますが、これはどちらの生物も繁殖可能だからかもしれません。
  • Magmasaurのチャージスピットアタックは1ヒットにつき1金属のインゴットを消費するようになりました。チャージの割合の影響を受けません。
  • マグマサウルスは、Radiationのような間接的なStatus Effectとは対照的に、直接的なStatus Effectとして、周囲の環境に大きく直接影響を受ける2番目の生物です。 特に高温と低温はマグマサウルスへの影響に影響を及ぼし、雨でも影響を受けます。
    • 技術的にはSpinosaurusが最初の生物で、水の中にいるときは強くなり、外にいるときは強くならない。
  • MagmasaurのChibi-PetであるChibi-Cherufeは、"Cherufe"が内部で使われているコーデ名であることを示唆しています。
    • Cherufeという用語は、チリのマプチェ族の神話に登場する、悪魔のような人食いの人型生物を指します。 溶岩、マグマ、燃えるような熱い岩でできたチェルフェは、地表と地下の火山地域に生息し、隕石、火山噴火、地震の発生源と言われています。 生き物を落ち着かせ、一時的に空腹を止めて破壊するために、人間の犠牲(特に若い処女の女性)を火山や火山のプールに持ち込んで投げ込む必要がありました。
  • マグマサウルスのRageの効果は15秒間続きます。
  • HLN-AのNote 7には、Magmasaurの赤ちゃんの頭と成犬の頭が並んでいるように見える画像が掲載されています。Magmasaurは実際に繁殖可能であり、繁殖可能な飼育専用種としてはDeinonychusに次いで2頭目となる。交配するためには溶岩の中にいる必要があります。
  • マグマサウルスが溶岩の中に閉じ込められて泳ぐ能力は並外れている。存在が知られている中で最も熱に強い生物である超好熱菌やアルキアでさえも、溶岩の中で生き延びることはできない。溶岩の温度は、タンザニアのオールドインヨ・レンガイ火山で作られたナトロカーボナタイト溶岩から、摂氏500度の冷たさを持つものから、木星を周回する月イオの衛星測定で発見された摂氏1300度のとんでもない溶岩まで、様々なものがあります。生化学的に炭素をベースにしている既知のすべての生物は、マグマサーができるこれらの極端な温度を生き抜くことはできません。熱はDNAやタンパク質のような基本的な高分子を破壊し、致命的なので。マグマサーが存在する唯一の方法は、それが炭素ベースの生命体ではない場合、それゆえ、既知のすべての生命体とは完全に異質な存在であることです。
    • このジレンマは、Genesis: Part 1シミュレーションが実際に完全にシミュレーションであり、したがって、現実のルールを自由に破ることができれば軽減される可能性があります。
  • HLN-Aのメモによると、Magmasaurは元々Scorched Earthに住むために設計されたが、Genesisのシミュレーションのためにスクラップされて再実装されたとのこと。
  • MagmasaurとThorny Dragonは声質が似ている。
  • Magmasaurは、マップのValgueroRagnarokの溶岩の中で生き残ることはありませんが、The Islandのの火山の溶岩では生き残ることができ、繁殖に最適です。
  • 他のGenesis: Part 1専用クリーチャーと同様に、シミュレーションでは通常の生存者としてヘレナが存在しなかったため、マグマサーはヘレナが作ったDossierをまともに持っていない。
  • Rock DrakeWyvernのような飼育専用の飼いならしと比較すると、赤ちゃんのマグマサウルスの食料低下率は、ロックドレイクやワイバーンの赤ちゃんとは異なり、他の赤ちゃんの数値と同じです。
  • 不思議なことに、マグマサーの赤ちゃんや青年は、成長が25%に達するまで、自分の周りに火を放ち始めません。(Enable Smeltingをオンにしていなくても)周囲の温度には影響しません。
  • マグマサウルの燃えるような唾は、BasiliskPoison Wyvernの毒唾とは異なり、生存者に着用されている鎧を無視します。
    • ただし、後者の2つとは異なり、飼いならされたマグマサウルスに乗る以外に、Searing Spitがかかるのを防ぐ方法はありませんが、Hazard Suit Armorのフルセットを着用している場合は、炎のDoTを無効にできます。

バグと欠陥[]

  • マグマサウルスは、Fire Wyvernの炎とMagmasaurのsearing spitからのEnflamedデバフの免疫はありません。
  • マグマサウルスはJug Bugの死体を収穫できません。
  • Genesis: Part 1では溶岩の中で完全にくつげていたにもかかわらず、The IslandVolcanoDragon ArenaSouth East CaveTek CaveThe CenterLava BiomeSkull IslandEast Lava CaveScorched EarthWorld Scar、他のすべての溶岩、Artifact of the Cragが見つかる北部のValgueroの森にある小さな洞窟の溶岩を除き、他のマップではマグマサウルスを傷つけます。これには、RagnarokJungle DungeonDragon Breath GrottoVolcano Tippy TopDragonmalte Trench)、ValgueroThe Great Trench)の溶岩地帯が含まれます。これらの領域が未修理の場合、マグマサウルスに乗っているプレーヤーがこれらの溶岩が彼を傷つけないことを期待すると、それは悲惨な状態を続けます。
    • また、309.4を経てThe IslandTek Caveの溶岩が多かれ少なかれ修正され、洞窟内の溶岩のほとんどがMagmasaurにダメージを与えなくなったにもかかわらず、洞窟内の一部の溶岩の場所にはまだMagmasaurにダメージを与える場所が残っていることも注目すべき点である。奇妙なことに、このパッチによって洞窟の端にある致命的な水もMagmasaurにダメージを与えなくなった。
  • 錬成モードの時にマグマサーが10倍食べてしまうというバグが散発的に発生しているようです。インベントリに肉が入っていてもフードバーを完全に空にしてしまいます。
    • Magmasaurが100%満腹になるまで給餌すると、フードバーの消費率がリセットされます。
  • マグマサウルスは避妊/去勢できない。
  • マグマサウルのサドルは、火山噴火時のVolcano (Genesis: Part 1)の内側にいる間は肩のペットを保護しません。

変更履歴[]

Patch 変更点
306.41 Genesis: Part 1拡張リリース Magmasaurがゲームに追加されました
306.63
  • Magmasaurのいくつかの視覚的なバグを修正しました
  • アンバーグリス Genesis Part 1 Icon.png マグマサウルスの中ではWeightが0.5になり、赤ちゃんを育てるのに役立ちます
306.86
  • 唾を発射するために金属のインゴットsが必要です
  • 発射体の速度と重力が調整され、低FPS条件で適切なTurretをターゲットにできるようになりました
307.2
  • 受精したMagmasaur Eggsを使用して、以前は飼いならせなかったGenesisのBasiliskを飼いならすことができるようになりました
  • Magmasaurの投射物で発生していた問題を修正し、砲塔の射程外の構造物にダメージを与えることができなくなりました。
309.4 The IslandSouth East CaveTek Caveの洞窟の溶岩、Scorched EarthWorld Scar塹壕内の溶岩はMagmasaurにダメージを与えません。
309.53
  • MagmasaurはThe Centerの溶岩によるダメージを受けなくなりました
  • Magmasaurでの騎乗の悪用を修正

ギャラリー[]

References[]

Advertisement