ARK: Survival Evolved Wiki
ライフル
Longneck Rifle.png
このシンプルな単発ライフルは非常に正確ですが、装填時間が長くなります。
種類
近接攻撃力
10
遠距離攻撃力
280 / 26 / 26 / 26
連射速度
0.22 RPS
弾倉の数
1
リロード時間
4.5 seconds
DPS
61.6 / 5.72 / 5.72 / 5.72
対応する
アタッチメント
重量
15
スタック数
1
耐久値
70 (-1 per use)
使い捨て
いいえ
Spawn Command
cheat giveitemnum 131 1 0 0
or
cheat gfi OneShotRifle 1 0 0
or
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Weapons/PrimalItem_WeaponOneShotRifle.PrimalItem_WeaponOneShotRifle'" 1 0 0
必要レベル
エングラムポイント
18 EP
製作経験値
330 XP
前提条件

概要[]

ライフルは、レベル35でロックを解除できるハンティングスタイルのライフルです。196のダメージ(クリーチャーに対して)で、ライフルは、ゲーム内の銃の1発あたりのダメージが最も高くなりますが、いくつかの欠点もあります:

  • ライフルは、Scope Attachmentを使用した時に揺れます。この揺れは、しゃがむことでわずかに軽減され、うつ伏せになることで大幅に軽減されます。この揺れを完全になくすことはできません。スコープが付いていなライフルには揺れはありません。
  • ライフルはリロード1回につき1発しか発射できず、リロード時間が非常に長いです。
  • Tranquilizer Dartを使用している場合、Scope Attachmentなどのアタッチメントは使用できません。

備考/トリビア[]

  • ライフルの基本ダメージは280ですが、Human以外のすべての生物は銃によるダメージを70%しか受けません。つまり、ライフルは生物に196のダメージしか与えないということです。
  • ライフルは水中では使えないので、PlesiosaurusMosasaurusのノックアウトには使えません。
  • ロングネックライフルは、ウィンチェスターハイウォールライフルに基づいているようです。ウィンチェスターハイウォールライフルは、1800年代後半に大口径の動物に大口径のライフルカートリッジを発射するために設計されました。 また、1800年代後半に軍事的にも狩猟にも使用されたイギリスのマティーニヘンリーライフルとよく似ています。 これらのライフルはどちらも、対応するゲームと同じように、砲尾を装填した(シングルショット)落下ブロックアクションを利用していました。 落下ブロックアクションとは、カートリッジをロードおよびアンロードするために、トリガーガードを使用してレシーバーのドアを下げる必要があることを意味します。 ロングネックライフルには、スポーツ用の装填式ライフルで一般的に使用されていた後部はしご型のサイトがありませんが、代わりにオープンスタイルのサイトを使用しています。

ギャラリー[]