低温ポッド

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
Steam.svg Xbox One.svg PS.svg Epic Games.svg この記事は、次の機種でのみ利用可能なコンテンツに関するものです:Steam, Xbox One, PS4, Epic Games.
この生物、アイテム、または機能は、次の機種ではまだリリースされていません Nintendo Switch.
低温ポッド
Cryopod.pngCryopod (Dead).png
生物を捕まえるために押し続ける。捕まえた生物を配置するために投げる。
アイテム
種類 道具
重量 0.5
スタック数 1
耐久値 2592000
追加バージョン v285.104
スポーンコマンド
cheat GFI cryo 1 0 0
または
cheat giveitem "Blueprint'/Game/Extinction/CoreBlueprints/Weapons/PrimalItem_WeaponEmptyCryopod.PrimalItem_WeaponEmptyCryopod'" 1 0 0
製作
必要レベル 51
エングラムポイント(EP) 20
製作経験値(XP) 45.4
製作時間 5秒
製作可能 Obelisk
Supply Crate
Loot Crate
Treasure Chest Ragnarok Icon.png
Tek Replicator
必要な装置 Refining Forge.png Refining Forge
材料

低温ポッドは、"アイスキューブ"状態に凍結することによって、あなたのテイム生物を保管するアイテムです。 低温ポッドに保管されている生物は、トライブの生物の制限にはカウントされません。


使用法[編集 | ソースを編集]

低温ポッドで生物を捕獲するには、空の低温ポッドを装備し、近くに向けてLeftを数秒間押し続けます。 生物が低温ポッドになるとそれはアイテムのように振舞い、食物消費を止めます。そして低温ポッドはサバイバーや生物のインベントリに入れて持ち運ぶことができます。

低温ポッドは作られるとすぐに崩壊し始めます、生産を通じて、またはOrbitital Supply Dropから入手した後、30日または1か月の減衰期間を持ちます。Cryofridgeは、電源が入っている限り、減衰タイマーを永久に停止して復元します。 低温ポッドが(デフォルトで)30日経っても再充電されない場合、それは無効になり、deadとラベル付けされます。低温ポッドがdeadになったとき、低温ポッドを再充電しても、低温ポッドの中のどんな生物も死にそして永久に消えます。生物の死亡はトライブ記録に記録され、死亡した低温ポッドはCryofridgeで再充電されるまで使えません。低温ポッドの減衰タイマーはPreserving Salt Scorched Earth Icon.png影響を受けません

ストレージ 耐用期間
プレイヤーのインベントリ/テイム生物/食料保存庫 30日
冷蔵庫 60日
低温冷蔵庫 永久に1

1: 電源を入れたときに耐久性の損失を一時停止し、通常のインベントリで消耗するのと同じレートで消耗した耐久性を再生成します。Cryofridgeの電源が入っている限り

生物を低温ポッドから出した場合、サバイバーはCryo Cooldownとして知られているStatus Effectを受け取るでしょう。Cryo Cooldownは5分間継続し、画面の右下のカウントダウンタイマーで見ることができます。Cryo Cooldown中にCreaturesを低温ポッドから出した場合、Cryo Sicknessを得ます。Cryo Sicknessは5分間持続し、攻撃されるとその生物はより多くのダメージを受けるようになり(通常の10倍ダメージ)、そして、生物の気絶値が満タンになり気絶します。"Cryo Sickness"という言葉は、5分間にわたって、苦しんでいる生物の上に赤いテキストで表示されます。Cryo Sicknessがアクティブな間は生物を低温ポッド入れることはできません。たとえ(Giganotosaurusのように)短い気絶タイマーがあり、Cryo Sicknessがなくなる前に気絶から目覚めたとしても、Cryo Sicknessがすり減るまで、乗ることができず、笛の命令に反応しません。生物を低温ポッドから出す行為は、凍結解除したサバイバーのCryo Cooldownタイマーもリセットします(最大値5分まで、タイマーは5分以上スタックしません)。それで、Cryo Sicknessに耐えると期待される大量の生物を解放するならば、 十分に保護された環境でのみ実行することをお勧めします。

生物を低温ポッドから出す場合に注意することがいくつかあります:

  • 低温ポッドの生物を配置するための領域がそれを含むのに十分な大きさでない場合、赤いテキストのメッセージが表示され、低温ポッドは生物がまだその中にある状態で影響を受けません。
  • 生物を低温ポッドに入れると、生物のインベントリの中にあるものは何でもドロップされます(これはMantisの武器スロットのような他のどのスロットも含むます)。 唯一の主な例外は、Saddle(装着している場合)とMek用のモジュール(低温ポッドに入れると耐久性が低下します)です。
  • それらはアイテムであるため、サバイバーまたは生物がインベントリ内の低温ポッドとともに死亡した場合、低温ポッドの生物は盗難の危険にさらされます。低温ポッドから出す行為は、それを低温ポッドから出すトライブまたは個人に所有権を移転するため(個人所有または刻印された生物でも)。
  • クライオポッド内の赤ちゃん赤ちゃん、少年、または青年)の生物を凍結すると、imprintタイマーと食物消費が一時停止し、そして、ケアを求めた場合、クライオポッドを外したときはいつでも望みを変えます。 関連するパッチの前にCryopoddedされた赤ちゃんは、次回のリリース時にインプリントタイマーが8時間にリセットされます。
  • 雌のクライオポッドは、それを含むクライオポッドが最近別のサーバーに転送された場合を除き、繁殖タイマーをリセットしません。交尾間隔のタイマーは、雌がクライオポッドになっている場合でも、刻み続けます。 パッチに関連する前にクライオポッドで飼育された雌は、次回の放飼時に繁殖タイマーがリセットされます。
    • 哺乳類が妊娠している場合、低温ポッドに入れると妊娠をリセットし、低温ポッドから出すと雌は通常の交配クールダウン間隔になります(サーバー設定に基づく)。
  • パッシブXPゲインは、Cryopoddingの時間以降のゲーム時間にアイドルXPレートを掛け、最終的な1.05リターンを掛けた値によってのみ決定されます。 最大レベルまたはMekのクリーチャーは、パッシブXPを獲得しません。
    • 低温ポッドに入っていない同じ生物と比較して、低温ポッドの中にいるどの生物も5%多くの受動的経験を得ます。
  • 低温ポッドに入っている生物は、インフォボックスをアクティブにした状態で停止すると、現在のすべてのステータスと性別が表示されます。
  • Aberrationでは、Foreign Dino Downloadsのserver settingが有効になっていない限り、ExtinctionまたはAberrationの一部ではない(または異常な対応物がない)、または禁止されたクリーチャーのリストにあるクリーチャーをマップに非クライオポッド化することはできません

制限事項[編集 | ソースを編集]

次の生物(forcetamedを含む)はcryofrozenして低温ポッドにすることはできません:

'Giant Bee'とは、女王ではなくGiant Queen Beeによって生み出された蜂のことです。

Tek ATVが凍結しているときに低温ポッドがユタラプトルの写真を表示するので、Tek ATVを凍結することは意図されていない可能性が最も高いですが、Tek ATVを除いて乗り物は凍結することはできません。

備考[編集 | ソースを編集]

  • 低温ポッドはもともと同様にに手に入れることができる野生CreaturesをCryofreezeすることを意図していましたが、あまりにも圧倒されているために廃棄されました。
  • Extinctionのテスト段階では、Wooden RaftをCryofreezeすることは可能でしたが、そのバグはテスト中に修正されたはずです。286.103以前は、まだ可能でした。
  • 低温ポッド内でcryofrozenされているアイコンのない生物は、代替物として Raptorに似たアイコンを持ちます。
  • パッチ292.100より前のすべてのcryofrozen生物は、(異なる)性別を持つかどうかにかかわらず、性別は"オス"とラベルされています。これは、Reaper KingMekArthroplueraのようなgenderless entityに適用されます。
  • 286.103より前のバージョンでは、Cryo Sicknessの状態で生き物をcryoすることは可能でした。
  • 291.100より前のリリースでは、女性のクリーチャーは解放されると強制的に交尾カウントダウンされ、赤ちゃんのインプリントタイマーはサーバーの設定に関係なく8時間にリセットされます。 この更新前にクライオポッドに残っていたクリーチャーは、リリースされてもこの効果がありますが、その後は持続しません。
  • 部族に管理者特権がある場合、部族内の他の誰かに個人的に所有されているクリーチャーをクライオにすることは現在可能です。また、同じサーバー上の別のサーバーまたは部族にそのクリーチャーを転送することも可能です。 クリーチャーは元の所有者によって個人的に所有されたままになりますが、これは明らかに、クリーチャーは部族所有または部族に乗るための政府設定の部族に属していなければ、相互作用することができなくなるため、開発上の見落としです。
    • クライオポッドに入れられるクリーチャーのプラットフォームのサドルに構造物がある場合、それらは自動的に破壊され、サドルの付いたクリーチャーが凍結していない場合は戻りません。
    • クリーチャークラスは、特定のシナリオでは持続しません。 モッドされたクリーチャーをクライオし、元のクリーチャーのmodを削除すると、クラスは無効になり、後で元のmodがインストールされた場合でもリリースできなくなります。 クラスが無効化されたクリーチャーをリリースしようとすると、クリーチャーが作成されずにアイテムが削除されます。
  • クライオポッドからクリーチャーを解放した後、クリーチャーをアップロードしようとすると、クリーチャーがアップロードできるようになるまでに6〜7分のタイマーが表示されます。 それにもかかわらず、クリーチャーは実際には、クリーチャーをダウンロードした後に発生するタイマーと同様に、解放された後、隠された12時間のタイマーを持っています。
  • クライオポッドは、ボスアリーナの内部、またはTek Caveの内部または近くで使用できません。 それらは、Extinctionのオープンアリーナで引き続き使用できます。
  • 生物が低温ポッドから解放されたとき、特定の生物はいくつかのaftereffectsを持つでしょう:
    • OvisWoolを全部失います
    • 低温ポッドを介して転送されたすべてのメスは、生物転送を介して直接転送されたものと同じ交配間隔のクールダウンに入る。
    • 赤ちゃんとして転送された場合、Reaper Kingは赤ちゃんとして表示されるのではなく、赤ちゃんの接頭辞がまだ残っている少年として表示されます。 残念ながら、この方法で育てられた赤ちゃんは、行動セットに関係なく永続的に攻撃的になります(たとえリストレスに攻撃しなくても)。
    • ライトペットはチャージを失います。
    • 糞やフクロウのペレットを得るのに便利です。
    • その生物が持っていたどんなバフも再適用されないでしょう。
  • Cryofridgeに配置された低温ポッドは、プレイヤーのインベントリで減衰するのと同じ速度で充電します。
  • クライオポッドはかつてExtinction-排他的なエングラムでした。 これはValgueroマップのリリースで変更され、すべてのマップでアクセス可能になりました。 ただし、Tek Replicatorで作成する要件は変わりませんでした。

バグ[編集 | ソースを編集]

  • 292.100 - 低温ポッドは、低温ポッドから最近リリースされた生物を、それをリリースしたサバイバーを追跡するように自動的に設定します。これは、気絶の状態でもサバイバーを"追跡"するので、停止するように命令することはできません。
    • これは、生物がいる場所から遠く離れた別のベッドに素早く移動することで解決できます。
  • クリーチャーを凍結すると、その中に作成されたすべてのフォルダーは、クリーチャーをアップロードするときと同様に消えます。
  • シングルプレイヤーまたは非公式サーバーで満たされたクライオポッドを転送すると、クリーチャーのレベルが1にリセットされ、サドルが削除され、インプリントの品質が突然変異とともに失われる可能性があります。
  • クライオポッドを介してオベリスク内のクリーチャーを転送すると、取り出されたクライオポッドが猛禽類の写真を表示し、あなたのクリーチャーの正しい名前とステータスを保持しているにもかかわらず展開できない可能性があります。

参照資料[編集 | ソースを編集]