ARK: Survival Evolved Wiki
Advertisement
Genesis Part 1 DLC.jpg この記事は、DLC: Genesis: Part 1にのみ存在する要素について記載しています。
Steam.svg Xbox One.svg PS.svg Epic Games.svg この記事は、次の機種でのみ利用可能なコンテンツに関するものです:Steam, Xbox, PlayStation, Epic Games.

凶暴な生物は、Genesis: Part 1で導入された生物のまったく新しい異種の1つであり、ミッション中にミニボスとして遭遇する非常に強力な生物です。

主に狩りミッションなど、いくつかのミッションで登場します(凶暴なファイアワイバーンはガントレットミッションである炉心融解で出現します)。

凶暴な生物はアルファ生物とボスの中間のような存在(凶暴なXメガロドンとアルファ・メガロドンを隣り合わせにしてテストすると、アルファ生物よりも凶暴な生物の方が実際には大きいのですが)で、アルファ生物と同様に通常の生物の大きな異種であり、プレイヤーが選択したものに応じて難易度が変わります。

終点では、凶暴な生物は、通常の生物やX生物、あるいは他の生物の凶暴な異種など、いくつかの増援を連れて現れることがあります。

プレイヤーが凶暴な生物を狩るためのミッションの難易度によって、ダメージの量に影響を受けます。ダメージの修正は以下の通りです:

  • ガンマ難易度で最大5倍のダメージ
  • ベータ難易度の通常のダメージ
  • アルファ難易度で最大0.15倍のダメージ

既知の凶暴な生物のリスト[]

There are 0 凶暴な生物 (including variants).

戦略[]

それぞれのミッションで凶暴な生物と対峙するとき、プレイヤーはほんの一瞬でもそれらを過小評価してはなりません。ガンマとベータのミッションはそれほど難しくありませんが、アルファの難易度は最も難しいです。

アルファ難易度では、凶暴な生物は大きなダメージバフと耐性を持っており、テイム生物に大量のダメージを与えることができ、テイム生物の攻撃から15%のダメージしか受けません。

任務のために連れて行くテイム生物は、できるだけ早く凶暴な生物を囲むようにしてください。テイム生物が凶暴な生物を正面から攻撃しないようにしましょう。数匹のテイム生物が凶暴な生物にダメージを与えている間に、すべてのテイム生物を攻撃してしまうからです。

Genesis Simulationの5つのバイオームにはそれぞれ固有の天候イベントがあるため、プレイヤーはそのバイオームのコンディションが良好なときにベストなタイミングを待つ必要があります。沼地のバイオームは例外で、プレイヤーの妨げになるような厳しい天候イベントはありません。

  • 雪山バイオーム
    • 日中は、プレイヤーのガンマ設定が高いと、足跡がほとんど見えないことがあります。そのため、北極圏でのハンティングミッションは夜に行うのが最適です。
  • 深海バイオーム
    • プレイヤーは凶暴な生物のハンティングのミッションを開始する前に、水中の渦巻きを待つか、渦巻きの中で時間を消費するリスクを負う必要があります。
  • 火山バイオーム
    • 火山の噴火イベントは、ミッションに持ち込まれるプレイヤーや騎乗生物に深刻なダメージを与える可能性があります。これを防ぐためには、噴火イベントを待ってから開始してください。
  • 月面バイオーム
    • 彗星イベントは可変であり、バイオームを上または下から攻撃し、生物がそれに当たると大きなダメージを与える可能性があります。 彗星イベントが終了するのを待ってから、凶暴な生物のミッションを開始してください

推奨される生物[]

  • ガンマ/ベータの場合
    • Rexは、その高いダメージと体力のため、主要な選択肢となります。
    • Giganotosaurusは、ティラノサウルスよりも高いダメージと体力を持っているため、もう1つの選択肢です。
    • Spinosaurusは、水中でのダメージが大きいため、沼地でのハンティングミッションで役立ちます。
    • Yutyrannusは味方のテイム生物を強化するのに役立ち、受けるダメージを減らしながらより多くのダメージを与えることができます。
  • アルファの場合;
    • このレベルではダメージデバフがあるため、ベータやガンマで活躍したテイム生物はダメージに依存しているため不利になりますが、生のダメージ出力とサポートのために連れて行くことができます。アルファの凶暴な生物に立ち向かうには、創造的なアプローチが必要です。
      • Allosaurusを2つの群れしか持っていない場合は、アルファのアロサウルスによる出血効果が役立ちます。出血効果は、凶暴な生物の体力を数字ではなく、パーセントで消耗します。また、アロサウルスの攻撃速度も考慮しなければなりません。アロサウルスの群れは、そのコンパクトなサイズから、狭い地形でも容易に移動することができます。
      • 20~30匹のKentrosaurusの群れは、ケントロサウルスのスパイクウォールの性質を利用して、凶暴な生物に自分自身にダメージを与えさせるのに有効です。
      • Deinonychusは、凶暴な生物に襲いかかり、対象の生物に出血効果を重ねることで、その助けとなります。
      • 大規模なベッド(ウナギの群れ)やElectrophorusの群れは、深海バイオームの凶暴な生物に対して、凶暴な生物をスタンさせ、ダメージディーラーに攻撃する時間を与えるのに有効です。
      • BrontosaurusMegachelonなどの体力の高いテイム生物のペアを連れて行くと、凶暴な生物の注意をダメージディーラーからそらすことができます。プラットフォームサドルがある場合は、サドルにオートタレットを配置して、凶暴な生物にダメージを与えるのを助けます。プラットフォームサドルにタレットを満載したメガケロンの巨大な集団は、深海バイオームの凶暴な生物を簡単に殺すことができます。
      • スパイクウォールの性質を持つArthropleuraを大量に持ってきてください、彼らはブリーディングできないので、安定した供給を確保するために、拠点にTEKクローン装置を持っていくのがベストです。
      • 友人が一緒にプレイしている場合は、そのうちの1人がM.D.S.M. Extinction Icon.pngを搭載したMekに乗ることで、あなたの狩り用のテイム生物の保護を強化したり、凶暴な生物に対してより大きなダメージを与えることができます。
      • パッチ312.65で、Carnotaurusは頭突きで出血効果を与えるようになりましたが、アロサウルスの出血ほど効率的ではなく、対象を減速させることもありません。
      • Magmasaurは多くのダメージを与えることができ、マグマサウルスの至高のサドルは時々、わりと簡単に手に入り、アンバーグリスを与えることですぐに治癒できるので、タンクとしては良い選択です。
      • Reaper Kingは、天然のアーマーを持つことで、ヒットへの耐性を高めることができるため、タンクとして使用することもできます。
      • Giganotosaurusはミニオンを取り除くのに役立ちますが、Brute X-Allosaurusのミッションでは役立ちません。メイトブーストを利用して異性のギガノトサウルスを2匹持ってくると、比較的まともなダメージを与えることができます。オール・オア・ナッシングのシナリオで使ってみましょう。
      • Daeodonは、特にBrute X-AllosaurusBrute Malfunctioned Tek Giganotosaurusとの戦いでは、割合ダメージを与えることができるので、緊急時の回復に最適です。
      • スピノサウルスは、水に触れたときのダメージバフと二足歩行の攻撃速度のため、沼地バイオームのアルファ凶暴な生物にとって理想的なテイム生物です。
      • community crunch 243で紹介されている最近のアップデートでは、メガロドンは水棲のアロサウルスのように振る舞い、深海バイオームの凶暴な生物の体力をダメージではなくパーセントで消耗させることができるようになります。
      • 巨大なステゴサウルスの群れは、硬化プレートの能力、高品質のサドル、仲間のブースト、ユウティラヌスの勇気ある咆哮のバフで、凶暴な生物の注意をそらし、ダメージディーラーがターゲットの周りを囲んでいる間、強力なダメージスポンジとして機能します。
      • Basiliskは、毒の投射で耐性を無視できるので、ダメージを与えるのに適しています。
Advertisement