化学作業台

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
化学作業台
Chemistry Bench.png
素材を入れることで、非常に効率よく化学物質を変質させることができる
建造物
種類 製作
体力 2,500
アイテムスロット 100 / 60
燃料 ガソリン (30分)
Power
アイテム
重量 4.0
スタック数 1
追加バージョン v239.0
スポーンコマンド
cheat GFI chembench 1 0 0
または
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Items/Structures/Misc/PrimalItemStructure_ChemBench.PrimalItemStructure_ChemBench'" 1 0 0
製作
必要レベル 82
エングラムポイント(EP) 65
製作経験値(XP) 132
製作時間 5秒
前提条件
製作可能 Fabricator
TEKレプリケーター
材料
Ingredients (Mobile)

化学作業台は、Mortar and Pestleのアップグレードとして機能する高度なクラフトステーションであり、原始層の対応物よりもはるかに迅速に精製された商品のバッチを効率的に作成できます。

使用方法[編集 | ソースを編集]

すり鉢とすりこぎの工業用アップグレードとして、通常の2/3のコストで、洗練されたレシピを大量に生産することができます。

化学作業台は1回の使用で4倍の材料を消費し、6倍の材料を生産するので、化学作業台でのクラフトはすり鉢とすりこぎよりも2倍速いので、化学作業台はすり鉢とすりこぎの12倍の速度で材料を生産することになります。

たとえば、すり鉢とすりこぎで100個の火薬を作成するには、100個の木炭と100個の発火粉が必要で、1分40秒で作ることができます。化学作業台では、100個の木炭と100個の発火粉でで火薬150個を12.5秒で作ることができます。

機能が強化されているため、動作するには有効な電力網への接続とガソリンの供給の両方が必要です。

レシピ[編集 | ソースを編集]

名前 材料 製作量 製作XP
麻酔薬 ナルコベリーまたはアサービック・マッシュルーム × 20

腐った肉 × 4

麻酔薬 × 6 8.0
発火粉  × 4

火打石 × 8

発火粉 × 12 0.24
火薬 発火粉 × 4

木炭 × 4

火薬 × 6 0.2
セメント Chitin or Keratin × 16

 × 32

セメント × 6 4.8
興奮剤 スティムベリー × 20

発火粉 × 8

興奮剤 × 6 0.2
防虫剤 毛皮 × 24

麻酔薬 × 8

レモン × 16

ニンジン × 16

防虫剤 × 6 4.0
Lesser Antidote レアフラワー × 40

レアマッシュルーム × 40

Leech Blood or Horns × 12

麻酔薬 × 4

Lesser Antidote × 6 4.0
吸収性基材 黒真珠 × 8

樹液 × 8

原油 × 8

吸収性基材 × 6 2.24
DLC: Scorched Earth
粘土  × 8

Cactus Sap × 4

粘土 × 12 0.2
50px推進剤 硫黄 × 4

Cactus Sap × 4

原油 × 4

75px推進剤 × 6 4.0
Flamethrower Ammo 20x20px推進剤 × 40

ガソリン × 40

Flamethrower Ammo × 6 2.4
食料保存塩  × 8

硫黄 × 4

食料保存塩 × 12 0.24
DLC: Aberration
50pxガソリン (Gas-Crafted) 緑の宝石 × 20

凝固ガスボール × 20

ガソリン × 5 4.0

備考[編集 | ソースを編集]

  • 化学作業台は木製の建造物として扱われ、手、石の武器、非爆発的な遠距離攻撃によって損傷することはありません。
  • 以下の攻撃的な生物は化学作業台にダメージを与えることはできません:


ペイントとカラー領域[編集 | ソースを編集]




X mark.svg

Chemistry Benchは現在ペイントできませんが、このオブジェクトは将来のアップデートでペイント領域を含むように再マッピングされる可能性があります。

ペイント領域とその使用方法の詳細についてはBlue Coloring.png 染料ペイントブラシペイントスプレーのページをご覧ください。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]