工業用グリル

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
Disambig.png この記事は工業用グリルに関するものであり、Industrial Grill Primitive Plus Icon.pngと混同しないでください。

工業用グリル
Industrial Grill.png
周囲を暖め、生肉をまとめて調理できる。使用するにはガソリンが必要となる
建造物
種類 調理
アイテムスロット 50
サイズ 奥行き 0.6 × 幅 1.25 × 高さ 1.375
燃料 ガソリン (40分)
Decay Time 18日
アイテム
重量 4.0
スタック数 1
追加バージョン v186.0
スポーンコマンド
cheat giveitemnum 356 1 0 0
または
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Items/Structures/Misc/PrimalItemStructure_Grill.PrimalItemStructure_Grill'" 1 0 0
製作
必要レベル 50
エングラムポイント(EP) 40
製作経験値(XP) 10
前提条件
製作可能 Fabricator
Tek Replicator
必要な装置 Refining Forge.png Refining Forge
材料

工業用グリルは、ARK: Survival Evolvedの肉を料理するのに使用される建造物です。また、プレーヤーを温め、点灯すると小さな領域を照らします。

使用方法[編集 | ソースを編集]

工業用グリルは、ガソリンがインベントリに入れて「使用」キー(デフォルトはE)を押すことでアクティブになり点火します。「使用」キーを押したままにすると、放射状のメニューが開き、プレイヤーはインベントリを開くか、電源を入れるか、破棄するかを選択できます。

グリルは、建造物の真正面に最大+186の防寒と-19の防熱を提供します。これは、熱源の真ん中に約+200の防寒と-20の防熱が配置されていることになります。グリルからの距離によって効果が減少します。

1個のガソリンで40分間、グリルの火を維持することができます。この間、こんがり肉霜降りこんがり肉をそれぞれ約1600個作成するために使用できます。

たき火と比較して非常に迅速に肉を調理できることの釣り合いは、ガソリンがわら、木材、発火粉と比較してはるかに入手困難であるということです。したがって、肉が大量にない限り、グリルを使用するのは効率的ではありません(生肉1600枚は40個の40スタック)。これは、冷蔵庫食料保存庫を使って、またはティラノサウルステリジノサウルスのような恐竜を使って狩りをするだけで、時間をかけて達成することができます。アルファ生物から得られる大量の霜降り肉を腐る前に調理するには、工業用グリルが不可欠です。

工業用グリルで製作されたアイテム:

調理時間[編集 | ソースを編集]

工業用グリルの名に相応しいです。グリルで生産される肉の量は、調理時間が短く、一度に複数のユニットを生産できるため、多数のたき火を上回ります。取り扱いが簡単なことは言うまでもありません。次の表は、18秒でこんがり肉 × 12の元の測定に基づいた推定調理時間の概要を示しています。980個の生肉の測定は手作業で行っていますが、長時間に渡って少量のサーバーラグが数回発生しているため、個々の結果は異なる場合があります。

生産量 調理時間
こんがり肉 × 1 約18秒
こんがり肉 × 12 約18秒
こんがり肉 × 480 約12分
こんがり肉 × 980 26分25秒

980の生肉を調理する場合、生肉は10分に1回腐敗するため、最後に調理するスタックは生肉 × 2を腐敗させることに注意してください。 プレイヤーが非常に長い燃焼時間を実際に利用することを決定した場合、グリルは1時間あたり約こんがり肉 × 2570を提供できます。これは52スタックのこんがり肉(冷蔵庫の80スロットの半分以上)です。

備考[編集 | ソースを編集]


ペイントとカラー領域[編集 | ソースを編集]




X mark.svg

Industrial Grillは現在ペイントできませんが、このオブジェクトは将来のアップデートでペイント領域を含むように再マッピングされる可能性があります。

ペイント領域とその使用方法の詳細についてはBlue Coloring.png 染料ペイントブラシペイントスプレーのページをご覧ください。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]