ARK: Survival Evolved Wiki
Advertisement
Disambig.png この記事は検体インプラントに関するものであり、Creature Implant Logo Mobile.svgと混同しないでください。

Specimen Implant
Specimen Implant.pngSpecimen Implant (Inactive).pngGamma Ascension Implant.pngGamma Ascension Implant (Inactive).pngBeta Ascension Implant.pngBeta Ascension Implant (Inactive).pngAlpha Ascension Implant.png
腕に付けられた不思議なインプラント
重量
0.01
スタック数
1
Spawn Command
cheat giveitemnum 133 1 0 0
or
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Items/Notes/PrimalItem_StartingNote.PrimalItem_StartingNote'" 1 0 0

Specimen Implantは、ARKに取り残されたすべてのサバイバーの左腕に埋め込まれた、奇妙でユニークな装置です。インプラントは、新しいサバイバーを作成した後、または既存のサバイバーを再スポーンした直後に観察できます。意識を取り戻したサバイバーは、自分の左腕に目をやりますが、そこにはインプラントが埋め込まれています。インプラントはキャラクターの腕に固定されているだけでなく、サバイバーのインベントリの最初のスロットも占有します。

生きているサバイバーが持っているアクティブなインプラントは落とすことができませんが、インプラントは宿主の死によって「非アクティブ」になるようで、死んだサバイバーの死体から取り外すことができます。サバイバーは、時間内に戻ることができれば、再スポーン後に自分のインプラントを(他のアイテムと一緒に)再収集することもできます。これにより、サバイバーは殺されるたびに新しいインプラントで再スポーンするため、有効なインプラントと無効なインプラントの2つを所有することになります。

使用方法[]

デバイスの本質については現在ほとんど知られていませんが、デバイスがARKでの日々のサバイバルに不可欠であることがすぐに明らかになります。 インプラントは、インベントリへのアクセス、製作レベルアップ、エングラムのアンロックなど、サバイバーのさまざまな日常生活に関わっています。また、オベリスクなど、ARK全体で見られる他の異質な建造物や技術との相互作用にも関与しています。

これらのアクションはすべてインプラントを自動的に使用しているように見えます。そのため、インプラントを表すインベントリーアイテムには用途がなく、化粧品のように見えます。同様に、死体から収集された非アクティブ化されたインプラントは、何の役にも立たないようですが、プレイヤーキラーの中には、犠牲者のインプラントをトロフィーとして、または賞金の殺害の証拠として保持することを選択します。

Ascensionをクリアしたプレイヤーは、クリアしたTek Caveの難易度に応じて新しいインプラントを獲得します。ガンマは最大で5つの追加レベルを付与し、ベータは10、アルファは15を付与します。RockwellからのAberrationAscensionを行うと、さらに5、10、15のレベルが追加され、Aberrant特有の輝きが得られます。(両方のアルファでボスを倒すと、両方のアセンションでレベルが140になります。経験値からの基本レベル105とチビペットの基本レベル5を含めた場合)Genesis SimulationCorrupted Master Controllerを倒して現実に戻ると、インプラントの上にユニークなインプラント・アタッチメントが装着され、アルファで合計が15増加し、最大でレベル155になります。

Extinctionを完了すると、サバイバーからインプラントが永久的に取り除かれ、代わりにSpecimen Implantと同様の機能を持つHomo Deus Recordというアイテムが使用される(ロックウェルが倒された場合、関連するARKからアセンションしていれば、サバイバーは依然としてaberrant特有の輝きのアイコンを所有しています)。これは、Extinctionを完了したサバイバーの「Specimen Implant」を取り除くだけです。他のバージョンとは異なり、レベルの追加はありません。

備考[]

  • Specimen Implantは、3つのオベリスクと直接関係しているかもしれません。同じマークが描かれているので、プレイヤーはオベリスクの「力」を使ってインベントリなどにアクセスしているのかもしれません。
  • プレイヤーが「Ascension」をクリアすると、インプラントには倒したボスが表示されます。
  • プレイヤーのサバイバーが、恐竜に乗ってインベントリを開いた際に、Rockwellを倒してアセンションしたことが一度でもあれば、インプラントを装着した腕が上がらなくても、インプラントからの異常な光が腕が上がったかのように表示されます。
  • インプラントは、あなたがどのボスを倒したかを教えてくれるでしょう。インベントリの中のインプラントを見てください。その下に赤い文字で「Survival Quotient:」と書かれており、「未定」と表示されている場合は、ボスを倒していないことを意味します。倒したボスがいる場合は、その下に難易度とボスの種類が書かれています。
    • King Titanは表示されず、記録上はそれぞれ「ガンマ」「ベータ」「アルファ」と表示されています。
  • 恐竜や生物に乗っているときにAberrant Implantを使ってインベントリにアクセスしたり、特定のアクション(例:Climbing Pick Aberration Icon.pngを使ってハシゴに登ったり、表面を登ったり)を行うと、手を挙げたようにその光りが表示されます。
  • DLC Extinctionのトレーラーでは、サバイバーがAlpha Ascension Implantを持っている姿が映っています。
  • また、プレーヤーのID番号も表示されます。 これは、サーバー管理者がスポーンコマンドを介してオンラインプレーヤーにテレポートまたはアイテムを与えるのに役立ちます。
  • DLC Genesis: Part 1のトレーラーでは、生存者はインプラントを装着していません。

言語における検体インプラントの役割

  • Mei-Yin Explorer Note#5(The Island)で、Mei-Yinは、村人が別の言葉で話しているにもかかわらず、村人が何を言おうとしているのかを理解していることに気づきました。村人たちは、すべてのサバイバーの腕のインプラントがその原因であると彼女に説明します。
  • HLN-A Tidbit Explorer Note #42では、「One language is never enough」という文章に複数の言語が埋め込まれていた不具合を修正しました。 これは、標本移植の言語面が、言語の壁を壊そうとしてジェネシス・シミュレーションから来たものであることを示唆しています。
Advertisement