ARK: Survival Evolved Wiki
Advertisement

ARK: Survival Evolvedのさまざまな環境要因は、ゲームのプレイ方法に影響を与える可能性があります。これらの事象は、サバイバーにとって有益または有害な場合があります。

気温[]

Studio Wildcard Logo.png ARK: Survival Evolvedでは、生き延びるために人間の肉も含めて、さまざまな種類の植物とさまざまな栄養特性を持つ肉などの食料を食べたり飲んだりしなければなりません。家やインベントリに新鮮な水を確保することは緊急の課題です。すべての行動は食料と水分を消費し、長距離の移動には生存の危険が伴います。インベントリの重量は移動速度を低下させ、昼夜のサイクルとランダムな天候パターンは、環境の温度を変化させ、空腹や渇きをより早く感じさせるという別の課題をもたらします。動的な屋内/屋外断熱材の気象計算システムを使用して、場所によるダメージや極端な温度変化から身を守るために、焚き火や避難所を建設し、カスタマイズ可能なさまざまな衣類や防具を作りましょう!
~ パブリッシャーであるStudio Wildcardは、Steam上の"ARK: Survival Evolved"のゲーム説明で、サバイバルメカニクスについてコメントしています。

(温度に対するステータスの影響については、このセクションの下部を参照してください)

概要[]

気温または温度は、ARK: Survival Evolvedでプレイヤーが対処しなければならない中核的な課題の仕組みの1つです。環境の要因が膨大であるため、正確に追跡することが難しく、より困難な仕組みの1つであることは間違いありません。さらに、極端な温度でプレイヤーに影響を与えるステータス効果は微細であるため、それらの危険性は、プレーヤーが重大な危険に陥るまで、わからないことが多いです。

本質的に、この仕組みの目的は、プレイヤーが最適な温度を維持するか、あるいは維持できない場合の副作用に備えることなのです。そのためには、体温に影響を与える様々な要素についての知識を身につける必要があります。

環境要因[]

プレーヤーの温度に影響を与える環境の変化やプレーヤーの行動には様々なものがあります。

現在の気温[]

これは、ARKサーバー上のすべてのプレイヤーに影響するグローバルなステータスです。プレイヤーのインベントリ画面の右側にある「キャラクターステータス」の下の°(C)、またはHを長押しすることでいつでも見ることができます。このステータスはゲームプレイ中に常に変動し、時には勝手に上がったり下がったりするので、プレイヤーは死を避けるために常に適応し、戦略を変えなければなりません。

  • いまのところ、極端な温度は画面の下にグラフィックとして表示され、キャラクターは喘ぎ声や震え声を出すようになります。プレイヤーはステータス効果を得たり、インベントリ画面を確認したりすることで、それを知ることができます。音やグラフィックだけでなく、視界がぼやけて、画面が紫や赤のもやに包まれることもあります。現在、開発者はプレイヤーにホットスパイクやコールドスパイクが来ることを知らせるための追加の合図を作成中です。
  • 気温は地域によって異なるため、急激な変化に備えてください。たとえば、南が最も暑く、北が最も寒くなりますが、東や西は最も暑いものと最も寒いものの間で変動します。

自然の要素[]

  • 水- 水中で立ったり泳いだりすると、プレイヤーの体温が下がります。海の水は内陸の川や湖よりも冷たいため、プレイヤーの体温をより低下させます。一部の生物は、状況によって寒さを和らげます。水深が深いと、浅い水よりも冷たくなります。場合によっては水温が通常の温度よりも高くなることもあります。
  • 溶岩- 溶岩は、プレイヤーの体温を劇的に上昇させ、水分補給をより速く減少させる熱気のポケット(通常、溶岩の上と近く)を作ります。

[]

CampfireTorchなど、何らかの炎を使うものは、近くで熱を発し、その近くにいるプレイヤーの温度を上昇させます。これには次のようなものがあります:

火源 防寒 防熱 範囲*
Torch.png Torch 50 -25 500
Standing Torch.png Standing Torch 100 -50 800
Campfire.png Campfire 100 -50 800
Cooking Pot.png Cooking Pot 100 -50 800
Refining Forge.png Refining Forge 100 -50 800
Industrial Grill.png Industrial Grill 210 -140 900
Stone Fireplace.png Stone Fireplace 300 -100 800
Industrial Forge.png Industrial Forge 150 -220 1400

* 範囲はゲーム内の単位で示されています。単位800は土台約2.5個分です。火源に近ければ近いほど、より多くの断熱が得られます(火源の近くに立っていれば、所定の断熱の数を満たすことができます)。

複数の熱源の効果が重なることがあります。熱源となる建造物を近くに配置する際には、その(不)利点を考慮してください。

ヒント: CampfireStanding Torchは同じ防寒と防熱を備えているため、寒い地域で暖まる際には、Standing Torchを使った方が、製作コストが安く、fuelの消費量も少ないので使用することをお勧めします。

シェルター[]

House.png

天井の下に立ったり、密閉された建造物の中にいると、温度緩和(暑いときは温度を下げ、寒いときは温度を上げる)の効果があります。
アドベの建造物は、より多くの断熱を提供します。テントも有効です。

また、悪天候の天気の影響を受けなくなります(防寒+112、防熱+56)。

衣類[]

プレイヤーが装備する衣類防具は、適切な条件下で体温を改善(または悪化!)させる可能性があります。 これを表すのが、衣服のアイテム説明にある「防寒/防熱」のステータスです。

  • プレイヤーがプラスの防寒/防熱を持っている場合、極端な温度の影響は軽減されます。
  • プレイヤーがマイナスの防寒/防熱を持っている場合、極端な温度の影響が悪化します。

衣類防具の種類によって、プレイヤーの断熱レベルに与える影響が異なります。防具のページでは、各セットの熱や寒さに対する断熱について詳しく説明しています。

忍耐力[]

Fortitude.png プレーヤーのステータスの忍耐力は、ある程度の受動的な温度緩和を与えます(暑いときは温度を下げ、寒いときは温度を上げます)。ステータス値が高いほど、より多くの軽減が提供されます。

ステータス効果[]

主な記事: ステータス効果


悪天候はトライブのメンバーに悪影響を及ぼすことがあります。

Cold.png Hypothermia.png 気温が低いとプレイヤーの食料ステータスが減少する割合が増加するステータス効果が発生します。これは極寒の地では劇的に悪化し、プレイヤーに空腹を引き起こす可能性があります。山などの標高が高い場所や夜間によく見られます。
Hot.png Burning.png 気温が高いとプレイヤーの水分ステータスが減少する割合が増加するステータス効果が発生します。これは極端な暑さで劇的に悪化し、プレイヤーの脱水症を引き起こす可能性があります。海岸のような標高の低い場所や、日中によく見られます。

さらに、どちらの場合の極端な状態は、他の効果に加えてプレイヤーの直接的な体力喪失も発生しますのでご注意ください。悪天候時には水や食料の枯渇率が高くなるため、通常の状況でもあっという間に死に至る可能性があります。

天気[]

現在、極端な温度や天候はプレイヤーの水分や食料のメーター、および視界などに影響を与えます。まれに、互いに直接矛盾しない限り、異なる気象タイプが同時に発生する可能性があります(霧と雨の組み合わせがこの一般的な例です):

雨と雷雨[]

[]

Water.png 雨は作物を灌漑し、消費した水分を補充し、プレーヤーは外でどこでも皮袋のような水の容器に水を入れることができます。また、雨が降ると島の気温が若干下がりますが、3~5℃(5-10°F)程度の差です。注:雲の上を飛行することで雨を避けることはできません。

雷雨[]

雷雨は通常の雨のようなものですが、稲妻と雷の効果が加わります。稲妻は夜を照らし、雷は足音を消してしまうことがあります。

[]

Cold.png 雪は、雪に覆われたバイオームにのみ存在し、温度をさらに下げて視界を悪くし、本物の雪と同様に音をわずかに減衰させます。また、強風や吹雪の効果を伴うこともあります。これは雪のバイオームでは雨に相当するもので、マップの他の部分では暴風雨と同時に発生します。雨と同じように降ってくる雪で水の容器を満たすことができ、不思議なことに最初に雪を溶かす必要はありません。注意:雲の上を飛んでも雪を避けることはできません。

[]

Dilo Venom.png 霧はプレイヤーの視界を極端に狭めるだけで、何の効果もないように見えますが、状況によってはこれだけでも十分に危険です。霧は雲を低く、厚くするので、高所での飛行は視界が遮られて難しくなります。

熱波・寒波イベント[]

Burning.png 小規模なヒートウェーブ(熱波)は、マップ全体の温度が16〜28°C(30〜50°F)の間で大幅に上昇し、脱水が速くなり、約50°C以上で体力にダメージが発生しますが、他の方法では寒すぎて簡単には生きていけないような地域でも、短時間であれば人を受け入れることができるようになります。また、空と星をわずかにオレンジ色に変えます。

Hypothermia.png 寒波はその反対で、マップ全体の気温が16〜28°C(30〜50°F)低下し、食料消費量の増加や氷点下での体力にダメージが発生します(山間部では注意が必要です)。また、反対のヒートイベントで通常は暑すぎて冒険できないような地域を、短時間で友好的な環境にすることができます。空や星を鮮やかな青に変えます。

極端な熱波[]

Enflamed.png 極端な熱波はScorched Earthでのみ見られ、一般に55°C(130 °F)以上の非常に高い気温になります。プレイヤーが外に出ていると、ほぼ確実に体力にダメージや熱中症の症状が出ます。また、このイベントでは、イベント期間中フェニックスが出現します。

雷雨[]

Flashbanged.png 雷雨はScorched Earthでのみ見られ、電子機器(低温ポッドなど)を不活性化し、一部の高度な武器の発射を妨げます。TEKジェネレーターは影響を受けません。このタイプの嵐では雨は降らず、非常に暗い雲と強風、いくつかの埃やがれき(そしてもちろん稲妻)が発生するだけです。

砂嵐と暴風[]

砂嵐[]

Sandstorm.png 砂嵐はScorched Earthにのみ存在し、視界が極端に制限されるだけでなく、スタミナを消耗し、プレイヤーのインベントリに砂が追加されます。

暴風[]

暴風はRagnarokでのみ存在し、砂嵐のように視界を制限しますが、それほど深刻ではありません。また、暴風は風速を増加させます。暴風は風速を100%以上にすることができるため、風力発電機を使用しているプレイヤーにとっては助けになります。

地震[]

DLC Aberrationでプレイしている場合、通常の天候イベントは発生しません(これに対する唯一の可能な例外は、非常に定期的な天候イベントとして分類される可能性のあるサーフェス上の極端な日中の火災です)。代わりに定期的に地震が発生し、地域に応じてランダムに資源が上から落ちてきます。また、地震の影響でClimbing Pickが使えなくなったり、すでに使っている人が壁から落ちて死んでしまうこともあります。

オーロラと虹

Valgueroマップ特有のこれらの美しい大気効果は、美観の向上以外にはほとんど効果がありませんが、オーロラは夜を少しだけ明るくしてくれます。

火山噴火

Genesis: Part 1の火山バイオームとRagnarokの非常に特殊なエリアでのみ発生します。これは天候イベントというよりも、ARKの唯一の自然災害としてカウントされますが、同様のメカニズムで動作します。多くのマップには継続的に噴火している火山や溶岩が存在する火山地帯がありますが、このリストは噴火のサイクルがある火山を対象としていることに注意してください。

Genesis: ラヴァ・バイオームの主要な火山は定期的に噴火します。卵を盗もうとして中に入った者は、マグマサウルスなしで即死することを意味し、溶岩や爆発によって周辺地域に被害を与えることもあります。噴火の前には地震が起こることが多いが、常に起こるわけではありません。

Ragnarok: まれにRagnarokの北側の火山が噴火することがあります。通常はむき出しの斜面に溶岩が流れ落ち、致命的な巨大な岩が飛び散り、その中には空中で破裂するものもあり、植物や動物、そして残念ながら配置された基地などのあらゆるものを含んだ、周囲のものを破壊する壮観な光景が広がります。また、噴火には2つのタイプがあるようで、一方は他方よりも破壊的です。勇気のある人には、山頂近くの比較的安全な場所で噴火を見ることができます。

  • 天候によって発生する様々なステータス効果については、ステータス効果のページをご覧ください。
  • Scorched EarthRagnarokValgueroの各DLCでプレイしている場合や、恐竜を召喚したりする場合、体の動きや音で今後の天候を予測してくれるJerboaを仲間にすると良いでしょう。

季節[]

Aberration DLC.jpg このセクションでは、DLC限定のコンテンツについて説明します: Aberration

DLC Aberrationでは、通常の昼夜のサイクルに加えて、ゲームに季節を導入しています。日中と夜間の長さが一定ではなく、時間の経過とともに昼間と夜間の長さが変化します。

概要[]

Aberrationには3つの季節があり、それらを合わせて1つの「年」、つまり10日間のシーズンのサイクルを構成しています。この「年」は、10の倍数の日(0日、10日、20日など)に始まります。

季節[]

ゲーム中にHを押しながら画面左上を見ると、現在の日数とシーズンが表示されます。

DLC Aberrationの季節
季節 開始日* 長さ 昼間の1分の長さ (未完成) 夜間の1分の長さ (未完成)
50% 昼 / 50% 夜 0日 4日間 2.5秒 2.5秒
90% 昼 / 10% 夜 4日 3日間 4.5秒 0.5秒
10% 昼 / 90% 夜 7日 3日間 0.5秒 4.5秒

*この数で終わる日。例:0日は10、20、30日など、4日は4、14、24日などを意味します。

*新しい日は0:00に始まります。つまり、3日の50%の夜は4日の10%の夜とつながり、6日の10%の夜は7日の90%の夜とつながるということになります。

時間への影響[]

注意していただきたいのは、これらの季節は、ゲーム内での夜と昼の開始時間を変えないということです。 昼は常に05:30に始まり、夜は常に17:30に始まります。 変更されるのは、これらの時間の間の1分の長さです。 つまり、「昼10%/夜90%」の季節では、05:30から17:30までの1分は非常に速く経過し、17:30から5:30までの1分は非常にゆっくりと経過していきます。 逆に、「昼90%/夜10%」の季節では、昼間の1分はゆっくりと経過し、夜間の1分はより速く経過します。 最後に、「50%昼/50%夜」の季節では、昼と夜の間の1分は比較的同じ速度で通過します。

環境ハザード[]

環境イベント[]

備考/トリビア[]

  • 断熱と温度がどのように作用するかについては、u/VindicerがこのRedditの投稿で非常に包括的な研究を行っています: https://www.reddit.com/r/playark/comments/3zossq/data_temperature_insulation/
  • 現在、雪のバイオームで泳いだときに、「凍った海」の地域で泳いでいないと、体温がかなり上がってしまうというバグがあります。
  • Aberrationのサーフェスのバイオームでは極端な温度が作用するため、サーフェスの探索は90%の夜の季節(各「年」の7日、8日、9日目)にスケジュールを組むのが有益です。90%の夜の場合、太陽が昇る前(17:30〜5:30)にサーフェスを探索できる時間は実時間で54分(60*12*4.5秒=54分)ですが、10%の夜の場合は実時間で6分しかありません。ただし、サーバーのラグなどがあるため、時間通りにサーフェスを離れるようにしてください。
  • 真夜中に季節が変わるため、夜は速くまたは遅く終わるかもしれません。この潜在的に予期しない動作は、Surfaceを探索する際には危険です。

ギャラリー[]

Ark Rainbow.png

参照資料[]

Advertisement