Genesis: Part 2

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
Genesis: Part 2
Genesis Part 2 DLC.jpg
DLC
コンテンツタイプ Expansion Pack
価格(米ドル) $34.99 USD
PC発売日 Steam.svg 2021年3月
Xbox発売日 Xbox One.svg 2021年3月
PS4発売日 PS.svg 2021年3月
Switch発売日 Nintendo Switch.svg 未発表
Genesis Part 2 DLC.jpg この記事は、DLC: Genesis: Part 2について記載しています。
Crafting Light.png この記事は、 発表されたがまだリリースされていないコンテンツに関するものです。
間もなくリリースされる機能を確認するには、パッチノートを参照してください。
ARK- Genesis Part 1.png

Genesis: Part 2は、ARK: Survival Evolvedの5番目の有料DLC拡張パックです。

概要[編集 | ソースを編集]

独特な環境[編集 | ソースを編集]

  • エデンゾーン(The Eden Zone)はサバイバーのスタート地点で、平原や川、滝があり、サバイバルに必要なすべての資源があります。
  • Tek溝渠(Tek Trenches)はバイオーム間を結ぶハイテクノロジーの橋として機能し、2つのリング構造からなっています。
  • ロックウェルガーデン(Rockwell's Garden)はロックウェルによって創り出された常軌を逸した歪な領域で、シャドーマン(Shadowmane)やノグリン(Noglin)をはじめとする彼の不気味な創作物で満たされています。
  • ロックウェルの体内と融合したエリアもあり、親しみを込めてロックウェルの内臓バイオーム(the Rockwell's Innards biome)と呼ばれます。

コロニーシップの地図[編集 | ソースを編集]

概要

Genesis: Part 2では、サバイバーは不思議で新しいバイオームやストーリーミッション、そして風変わりで魅力的な生物の満たされた広大な世界を探検していきます。マップは深宇宙を目指し航行する巨大なジェネシス・シップ(Genesis-Ship)の船内になります。

新しいリソース
新機能
新しい生物

地域[編集 | ソースを編集]

おおよそのスポーン場所[編集 | ソースを編集]

データマップ[編集 | ソースを編集]

生物[編集 | ソースを編集]

独自の生物[編集 | ソースを編集]

その他のスポーン[編集 | ソースを編集]

イベント生物[編集 | ソースを編集]

アイテム[編集 | ソースを編集]

基本ゲームのすべてのアイテムは、以下のアイテムに加えて、Genesis: Part 2で入手できます。

資源[編集 | ソースを編集]

消耗品[編集 | ソースを編集]

トロフィーとトリビュート[編集 | ソースを編集]

武器、防具、道具[編集 | ソースを編集]

建造物[編集 | ソースを編集]

サドル[編集 | ソースを編集]

コスメティック[編集 | ソースを編集]

探検家の記録[編集 | ソースを編集]

スポットライト[編集 | ソースを編集]

備考/トリビア[編集 | ソースを編集]

  • サバイバーはフェデレーションTekスーツ(the Federation Tek Suit)を最初から装備した状態でジェネシス・シップに乗り込むことになります。
  • Genesis: Part 1とちがい、Genesis: Part 2では飛行生物の使用が許可されます。
  • Xエクウスの外見は、絶滅したシマウマの亜種であるクアッガに似ています。
  • ジェネシス・シップに接続されたバイオームを載せた巨大なリング状の構造物はHaloシリーズに登場するHaloアレイに似た見た目をしています。さらに、ロックウェルの内臓バイオームはHaloシリーズのフラッド(Flood)に類似しています。
  • ロックウェルの内臓バイオームはテラリア(Terraria)のボス敵である肉の壁(The Wall of Flesh)やバイオームの一つであるクリムゾン(The Crimson)を少し彷彿とさせます。
  • Genesis: Part 2詳細の発表からGenesis 2クロニクルのイベントが始まっており、古いマップから順番に各ストーリーマップに新しい探検家の記録(Explorer Notes)が数週間おきに追加されています。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

参照資料[編集 | ソースを編集]